投資家tmhiknのブログ

記事一覧
アクセスランキング

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3668 コロプラ -20% ごっつい下げてるが、たまたま売っててよかったなぁ。という大したことない話。ほんとに大したことないんで見ないで。

2016.07.30 (Sat)


2週間以上も経過していまさら書く。だってまさかこんなことになるとは。↓

colopra.png
-20%S安。
もともと買った理由は某ツイッタラーが買ってるのを見て、ドラゴンプロジェクトという新しいゲームが某サイトを見ると人気有ると判断できたから。そしてそのサイトを見ていれば人気がわかるので他の投資家よりもすぐに逃げれると考えていたから。でも最近はそのサイトを見るのをさぼった。結果こんなに早く下落に巻き込まれるなんて!と思っていたがさらなる下落は免れたのでラッキーというお話。でも空売り入れようかなと思っていたのに、めんどくさくなって売らなかった。悔しい。ビクンビクン。

売ったきっかけは7/14に株価が下がったから。6月20日に買って↓


colopra2.jpg
その後なんか弱いなぁと思っていたのだが、6/24はブレグジットで下落。その後の戻りも他のホユウカブスと比べると弱く(それでも225よりは良い。)なんかおかしいなぁと思っていた。いま思えばポケモンGOのリリースを警戒していた?そんなことも把握してないてめぇは投資家失格ですね。は言い過ぎか。ちなみに今現在、一部でポケモンGOの人気がすでに下がってるってそこらで書かれてるけど、おそらくこれだけ騒がれると、とりあえずやってみる人多数で、そういう端からあまり興味のない人がやめてるだけだと思う。後で触れますが、コロプラの社長もライトユーザーの増加に期待している。
 一方ポケモンgoが騒がれたのは7/13のちょい前ぐらいだったと思う。そして7/14に特にニュースもなにもないのに急落。この日株価を見たのは急落した後だった。下落していたのは他にもスマホゲーム関連銘柄ばかり、ポケモンGoで下落してると思い、いつも見ていたスマホアプリの人気を図るサイトを見たが、すでにポケモンGoの話題でいっぱい。しまったと思った。なんで毎日チェックしてなかったのか!
 しかしコロプラの株価はポケモンの話題が出てからもしばらくあげていたし、むしろスマホゲー関連株に関心が向かって上がり始めてるのかなとさえ思っていた。なぜ急落したのか?どこかの機関が空売りでも仕掛けてきたんじゃないかと思った。ということはこれは下げの初動だと思い、売った。それと人気がなくなれば売ることも決めていたので。しかしなんでタイムラグがあったのかよくわからないけど会議でもしていたということなのだろうか?笑。まぁどちらにせよ妄想に過ぎませんが。
 ポケモンは社会現象を起こすほど、そして海外でも強烈な人気が有るのを知っていたので、その昔、初代が出てからだいぶ立っていたが初代をプレイしたことがある。だが劣化版RPG(ゲームボーイの性能上、戦闘画面にキャラが1人しかいない?)と思ってやらなかった。SAGAはFF2のゲームボーイ版らしいが、そういうのは昔からやる気はなかった。ポケモンがでたころにはすでにRPG自体にも飽きてたので。最初の町をちょっと出て、ちょっと戦ってやめた。ただ何かをとって戦わせるというのはいかにも子供に受けるゲームだなぁ。相変わらず任天堂は低学年向けのゲームをつくってるなぁと思った。カブトムシ捕まえて戦わせるのと同じでしょ。子供向けアニメじゃカードバトル物よくやってるけど、結構前から人気のジャンルだね。自分が大人になってから流行りだしたと記憶してるが、この走りがカードダスでガンダムじゃないかなと思ってるんだが違うかな?昔カードダスのガンダムを買ってたりしてたなぁ。その前の走りがビックリマンだったと思ってるのだが。戦わせる要素はないが。ビックリマンの後ぐらいにバーコードバトラーがあったけどアレがカードバトルの走りかな?マジック・ザ・ギャザリングってのも聞いたことあるけど、集めて戦わせて取り合いするんだろ!?メンコと同じだな!?おはじきだな!?ビー玉遊びだな?!昔ビー玉で遊んで取り合いとかやったよ。
 今回ポケモンGoが海外で話題になってたので、まぁあかんなと思ってコロプラを売った。もし毎日スマホゲーの人気を図るサイトを見ていたら急落前に売ってたかもしれない。(でも株価は上がっていたので売らなかったかもしれない。)まぁ下げたからといって売れないなどということはなくきちんと売った。これは普通に業績に影響出ると思ったので。ところがアホーでは大したことないという人がいた。そこそこわからないでもない主張に思えたが「まぁ無理やろ」と思ってた。そもそもゲームは寿命があるものでしょう。FFやドラクエなど長い間シリーズが続くものもあるが。ただスマホゲーはよく知らないが実は違うのかもしれない。パッケージ品と違って、アップデートが可能なわけで…。パズドラ・モンストは数年たった今も相変わらず売上上位にいるというのは驚きだった。某サイトには「ゲームは数年で人気がなくなる」とおっさんが書いていたが今時のナウイゲームは違うかもしれない。
 7/28に-20%の急落は決算が悪かったからのようだ。自分は決算は全く気にしてなかった。今回ポケモンのやろうのせいで任天堂株主が儲けている間に私は損失という罰が与えられていたが、しかしポケモンが出てこなければ損切りせずに決算持ち越して-20%食らうところだったのだ…笑。
http://kabutan.jp/stock/finance?code=3668&mode=k
15.10-12をピークに四半期決算が売上利益ともに減少してて確かに悪い。
http://gamebiz.jp/?p=165906
 白猫が不調だったのが悪かったと会社側の説明。しかし自分が見てきた某サイトでは白猫は1番人気のように見えてたのだが、会社説明によると最近は復調していると書かれている。
 会社側は「第4四半期ではきちんとした回復をお見せできるようにしたい」って言いてるけど…。しかし、やはりこれからポケモンGOに痛い目に遭わされると思うのだが

http://gamebiz.jp/?p=165977
『ポケモンGO』が市場に与える影響については、「今までスマホゲームをしてなかった層がゲームをしているので市場は間違いなく広がっている。ライトなゲームには良い影響が出るのでは」(同)と今後の市場へのポジティブな影響を予想していた。


 たしかにコレは有る。ライバルが居ないほうが売れると思うかもしれないが、ライバルが居たほうが売れるっていうのは場合によっては有る。実際に体験してきたし、不思議だなぁと思う。これからコロプラがどうなるか自分には某アホー板の住人みたいに楽観はできないけど、買うかどうかは株価と、某サイトでの人気次第だが。正直興味は薄れつつ有る。株価は今後も追っていくし、どんどん安くなれば、購入検討するかもしれない。
スポンサーサイト
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。