投資家tmhiknのブログ

記事一覧
アクセスランキング

指定期間 の記事一覧

初回の金融政策決定会合は4月3日、4日

2013.02.28 (Thu)
1ドル90~93円で下値固めなら、円安は継続

田代 岳

重要な日程なので覚えておこう。

IPO オイシックス 新規上場

2013.02.28 (Thu)
オイシックスが上場しますが・・・。

私もユーグレナやオイシックス、らでぃっしゅぼーやを利用したことがあります。ポイントサイトをよく利用するのでそこで宣伝されていたのを利用しました。どうもああいうところを利用して積極的に宣伝したことと、それが上場前であることは関連があるような気がします。

確かにらでぃっしゅぼーやはスーパーでの価格と比べて高い。指摘されているようなコストも考えられる。でも野菜以外ですが、近所で買うよりもネットで買うことが多くなりましたよね。家電製品は既にヤマダ電機などより安く買えたり、私は良く事務用品を一度に大量に買ったりするのでネットで安く仕入れてます。店舗には置き場所にコストがかかるので必ずしもネットのほうが高いとは言えない。というか一度に大量に買うということであれば、もはやネットからのほうが安いです。問題は野菜の場合は一度にたくさん仕入れるという分けにはいかないところでしょう。

ところでらでぃっしゅぼーやみたいな野菜宅配するところたくさん増えてきました。たしか楽天も同じことをつい最近始めてキャンペーンを展開していました。誰でもできるようなサービスをやっているだけではあとは価格競争に陥るだけなので、厳しくなってくるのではないでしょうか?まぁそれを見越して客の取り込みに必死なようです。たとえばらでぃっしゅぼーやは継続利用者にはポイント還元して長期利用の場合に安くなるような対策をしてました。先行者ならば自分の顧客を失わないために価格を下げていけば、顧客側には乗り換えが面倒などのコストもあるのである程度の利益を維持しつつ他社の追随から逃げ切れたりするのでやはり有利なのではないでしょうか?

いずれにせよ野菜宅配市場はこれまでも広がってきている分けですし、高齢者人口は増加傾向にあるのですからこれからもまだ利益は伸びていくのでしょう。

3億円トレーダー石田高聖被告に懲役4年

2013.02.28 (Thu)
3億円トレーダー石田高聖被告に懲役4年

この人知ってる。むかーしこの人の本買ったかもしれない。いや、買ってないかもしれない。まず名前と見た目が怪しそうだったので避けたような記憶がある。
逮捕されていたとは知らなかった。
ところでこういう人は本当に株で儲けたのだろうか?

よくデイトレーダーで日々の売買を後出しで公開してるブログがランキング上位にいるけどああいうの全く信用してない。botでも組んで高額稼いでるように投稿させればあっという間に高資産人気カリスマトレーダーの完成だ。本で取り上げられたり、どこかのサイトで執筆依頼されるようになればますます信用されるようになる。
実際に儲けていたとしてもただの運の可能性もある。どんな手法でやっているのかさえわかれば運かそうじゃないのかぐらいはわかる。いずれにしてもああいうブログを毎日見たところであなたが儲かるようになることはない事だけは明白だ。アフィを踏まされるか、商材売りつけられるか、原稿料得るための仕事にありつけるための踏み台にされるのが落ち。あなたを儲けさせるためにブログ書いてるわけじゃない事ぐらいは察するべきだと思う。手法は一切公開されていないんだからね。
実際に利益を上げられるのならそんなことせずにファンドマネージャーになるのが一番じゃないのか?他人の金を運用するとなればごまかし、まやかしは一切通用しないのだから偽物トレーダーには務まらないのだろう。

高野山真言宗が宗会解散 「運用損失6億8千万円」トップ不信任

2013.02.27 (Wed)
高野山真言宗が宗会解散 「運用損失6億8千万円」トップ不信任

私は生まれも育ちも和歌山なものですからつい取り上げてみました。
損失6億といっても運用額の何パーセントかわからなければ何とも言えないと思いますが・・・。
いったいこの資金はどういう経路で集まったお金だったのでしょうか?
まぁ、運用は私にお任せいただいておればこのようなことにはなりませんよ^q^

3848 データ・アプリケーションを買った報告してから急騰?

2013.02.26 (Tue)
先日前場にてデータアプリケーションを買い。そのことを↓で報告したら
http://textream.yahoo.co.jp/message/1003848/3848?comment=9330
午後から出来高増えて価格上昇
さらに後場終了後このブログにて購入報告も済ませたところ、
翌日さらに出来高増えてすでに1割上がってる。
まさか買った報告が影響与えてるとかないよね??
短期的な売買で利益を得るなどというのは、しっかりした理由に基づいていない限りはほとんど運だと思うのだが、運がいいのは悪い事ではないので、運が良ければいったん利益確定を入れるというのもありなんじゃないかなとは思うんだけども、上がったらすぐに売り下がったらなかなか損切をしないというのは典型的な悪い手なのでやっぱりやめたほうがいいだろうな(笑)。しっかり銘柄選択していても下がった株は上がらず、上がった株がさらに上がるというのはよくあることらしい。いずれにせよ短期で売買するのは結局時間の労力の割に利益にはならない。

3848 データ・アプリケーション

2013.02.25 (Mon)
158300円で3株買いました。
これは現在検討中の銘柄で飛びぬけて魅力的に見えた株です。
現在1銘柄に50万円ずつ投資して全12銘柄購入し、合計600万円分の株式を証拠金360万円で信用買いの予定ですが、
この銘柄については100万円まで行っても構わないかなと考えています。
信用買いは6か月後に売却しなければならない制度信用ですが、株価が3倍以上にでもなっていない限りは、すぐに買い戻します。

この企業は企業間での書類のやり取り、つまり納品書等のやりとり事務を効率化するソフトの作成と保守を仕事にしています。
昔からコンピュータが普及すれば紙はなくなるなどといわれてましたが、いまだに紙は使われ続けています。いろいろな問題があっての事なのでしょうが、このソフトは業界標準のデータ形式を取っておりどうやらこれから普及するようです。おそらく普及すればするほどさらに普及の速度が加速するでしょう。マイクロソフトのオフィスみたいなものです。お世話になってる企業がこの業界標準形式のソフトを導入すれば、自社も導入しようという考えになると思われます。

http://textream.yahoo.co.jp/message/1003848/3848?comment=9330

バフェット氏のケチャップ好きでハインツはジャンク級に転落

2013.02.21 (Thu)
バフェット氏のケチャップ好きでハインツはジャンク級に転落

格付け会社フィッチ・レーティングスは、バフェット氏率いる米バークシャー・ハサウェイ と3Gキャピタルによる230億ドル(約2兆1500億円)でのハインツ買収により、ハインツの負債は倍増し、EBITDA(利払い・税金・減価償却・償却控除前利益)の5倍の額に膨れ上がる可能性があると指摘した。これは類似の食品会社の中で最大規模だという。買収発表後、ハインツの社債保証コストは過去最高となった。

バフェット氏は買収を実施する上で141億ドルの借り入れを行った。この結果ハインツ は、40年間維持してきた投資適格級の格付け をすべて失う恐れがある。フィッチは15日、ハインツをジャンク級(投機的水準)に格下げした。

MSNマネーでの1株益と会社四季報の1株益の値が違う

2013.02.20 (Wed)
6059 ウチヤマホールディングスの2012/3決算の一株益が
MSNマネー 399.13
会社四季報 497.1
となっていて大分値が違う。純利益は双方とも1822だ。
実はこの会社は2012/4と2012/5に公募増資と第三者割当増資が行われている。
計算してみるとどうやらMSNマネーのほうは現在の発行済み株式数で過去の業績を計算しているらしい・・・。
一株利益は当時の発行済み株式数で純利益を割るべきではなかろうか?

2311 エプコ

2013.02.19 (Tue)
2311 エプコ
競争力の高い企業だが、エコポイント需要の剥落で売り上げ高の成長率が1ケタ台になった。消費税増税前の駆け込み需要等も言われているが、住宅に関しては確か何らかの減税措置があったはず。ただいずれにせよ売上高の成長率はバフェット基準より低い状態が続く。エネルギー関連に手を出すようだが、原発再稼働の可能性もあるので微妙。中国への進出を進めているようなのでここに期待。この会社は競争優位性を持っているようなので、それを生かすにはもっと住宅が売れる国へ進出したほうがいい。人口が増え、所得が増えるような国、東南アジアがこれから伸びる国だ。中国は2015年をピークに人口が減少するらしい。今のPERでは魅力を感じない。ただ中国進出の結果がどうなるかはずっと監視するつもりだ。

相互リンク歓迎

2013.02.16 (Sat)
当ブログへのリンクは自由にしていただいて構いません。
こちらに一言コメントいただければ、こちらからもリンクを張らせていただきます。

正規化した一株当たり当期純利益金額とは?

2013.02.16 (Sat)
MSNマネーにある「正規化した一株当たり当期純利益金額」とはどういうものなのでしょうか?
2411 ゲンダイエージェンシーの場合、ただの「一株当たり当期純利益金額」とは大分値がかけ離れています。
ちなみにMSNマネーでのPERはどうやらこの「正規化した一株当たり当期純利益金額」の来期予想を元に算出しているようです。会社四季報の一株利益に近いのは「一株当たり当期純利益金額」のほうです。なぜかぴったり同じではありませんが・・・。

textreamは投稿した記事を削除できる

2013.02.15 (Fri)
あれれ・・・。
Yahoo!掲示板の時代は売買履歴投稿したら削除できなかったのにtextreamは記事を削除できるようになってる。これでは売買の捏造をやろうと思えば可能になってしまった。2chに売買履歴をコテハンで投稿するのもありだけど、2chはずっとプロバイダ規制に巻き込まれてて投稿できないし・・・。

ソロス氏:ユーロ存続の公算-日銀の政策は「本物」円下落へ

2013.02.15 (Fri)
ソロス氏:ユーロ存続の公算-日銀の政策は「本物」円下落へ
ジョージ・ソロス氏は、ユーロは存続し、他の諸国が一段と拡張的な政策を推進する中で相場は上昇することになりそうだとの見通しを示した。同氏は、ドイツが提唱する財政緊縮策に対して最も積極的な批判を展開している人物の1人として知られる。

ソロス氏はスイスのダボスで開かれている世界経済フォーラム(WEF)年次総会で、財政緊縮を現時点で採用するのは誤った政策だとあらためて主張し、今後1、2年は「非常に緊迫した状況」が続くと予想した。

同氏は一方で、「通貨戦争」に各国が突入するリスクが存在し、これは欧州中央銀行(ECB)の行動様式を変えることにつながる危険があると指摘。主要国はそのような対立を回避するための合意点を見いだす必要があると訴えた。

ソロス氏は円相場の動きについて、日本銀行の政策が「本物」であることに起因しているとの見方を示す一方、日本の当局が円相場をどこまで押し下げることができるかは、米国がどの程度まで容認する意向であるかによって制限されるだろうと語った。
さらに「ユーロは上昇し、円は下落する」機運があると述べ、「事態がどこまで進むかは分からないが、どちらの方向に向かっているかを指摘することはできる」と付け加えた。

くりっく株365新規口座開設&3枚取引で3000円キャンペーン

2013.02.15 (Fri)
くりっく株365新規口座開設3枚取引で3000円キャンペーン

1ティック100円なので2往復で200円のスプレッドと各証券社1枚当たり片道150円程度の手数料がかかる。
気になるのは各証券会社に口座開設してそれぞれで3枚取引してもそれぞれで3000円もらえるのだろうか?

バフェット氏の味覚にぴったりのハインツ

2013.02.15 (Fri)
バフェット氏の味覚にぴったりのハインツ

ハインツは米国人の家庭の食卓には欠かせないブランドで、安定的に収益を挙げており、バフェット氏好みの企業であるのは間違いない。同氏が気に入っているのは米国、さらには世界中に知られているブランドを持つ企業で、その例としてしばしば引用されるのはコカ・コーラだ。

ケチャップは多くの米国人家庭や庶民的な飲食店でさまざまな料理に使われるので、バフェット氏はキャンベル・スープと同様に不況に強い企業を手にすることになる。ハインツによれば、同社は瓶入りケチャップを毎年6億5000万本販売しているほか、スープなどの食品を取り扱っている。

同社は2006年以降、リセッション(景気後退)をものともせず毎年売り上げを伸ばしている。2012年4月期の売上高は8.8%増の116億ドル(約1兆0800億円)だった。毎年純利益を挙げているわけではないが、比較的安定している。

バフェット氏は買収に当たっての声明で、「ハインツは、商品の品質が高く、技術革新を持続的に進めており、経営も優れている。世界的に成功を収めていることは、強力なブランドを背景とした投資力と経営力の証である」と絶賛した。

バフェット氏はこの日、CNBCテレビに出演し、ハインツに関する資料を1980年にさかのぼって読んだと明かし、「素晴らしいブランドを持った我々にぴったりの会社だ」と話した。それでも、同氏は現金で120億~130億ドルを投資したにすぎない。まだまだ余裕はある。「ほかにも象がいれば撃つつもりだ。皆さん、歩いているのを見つけたら、どうぞ私にご一報下さい」と述べ、象撃ちとして飽くなき執念を見せた。

ソロス氏とベーコン氏、10-12月に金保有減らす-相場下落で

2013.02.15 (Fri)
ソロス氏とベーコン氏、10-12月に金保有減らす-相場下落で
米証券取引委員会(SEC)への14日の届け出によると、ソロス・ファンド・マネジメントは金ETPとしては最大の「SPDRゴールド・トラスト」を昨年12月31日時点で60万口保有。持ち分は3カ月前と比較して55%減少した。ベーコン氏率いるムーア・キャピタル・マネジメントは10-12月にSPDRの持ち分を全て売却するとともに、「スプロット・フィジカル・ゴールド・トラスト」の持ち分も減らした。ジョン・ポールソン氏率いるポールソンのSPDRの持ち分は変わらずの2180万口。
引用終わり

金はドルベースで2011年11月に高値をつけた後抜けていません。2012年11月ごろに金価格は年内に2000ドルを超えるという声も聞こえていたし、2013年1月になってからもまた上昇するとみているトレーダーが多いというニュースを見たが根拠が示されていないものばかりだった。私は金が買われていたのが主にユーロ危機によるものだったのでそれが収束に向かっている以上もはや金が高値を超えていくのはしばらくないと考えています。景気が上向くことによる金の上昇はありますが、高値を超えていくかどうかはわかりません。金融緩和継続期待もありますが、それで高値更新をするかも微妙。ソロス氏は2012年夏に確か金保有増やしていたと記憶していますが、ここにきて減らしてきたというのは私もソロス氏の考えに近づけたということなのだろうか。

米バークシャー株が過去最高値に上昇-ハインツ買収で

2013.02.15 (Fri)
米バークシャー株が過去最高値に上昇-ハインツ買収で
同社と投資会社3Gキャピタルは、ケチャップメーカーの米ハインツを230億ドル(約2兆1400億円)で買収することで合意した。
ニューヨーク市場で、バークシャーのクラスA株は前日比1.1%高の14万9310ドル。世界的な株安で同社の株式ポートフォリオの価値が低下し、米リセッション(景気後退)の深刻化で同社の住宅・小売り・製造部門の業績が低迷していた2009年3月に付けた安値を2倍余り上回った。

米ファンド、円売りで巨利=ソロス氏も930億円-米紙

2013.02.14 (Thu)
米ファンド、円売りで巨利=ソロス氏も930億円-米紙
ファンドは昨年12月の日本の総選挙前に相次いで円売りを開始。ファンドは、円の下落で大きな利益を上げられるデリバティブ(金融派生商品)も購入しているという。ソロス氏に近い関係者は「アベノミクスに賭けている」と説明。同氏のファンドは日本株を大量に保有し、株高でも大きな利益を上げているもようだ。

購入検討中銘柄 DENA

2013.02.14 (Thu)
まぁまぁ安いという印象。
http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MI4U6D6K510O01.html
http://toyokeizai.net/articles/-/12875

2010年に購入検討対象だった銘柄のパフォーマンス

2013.02.11 (Mon)
2010年に個別銘柄を売買していたもののその後TOPIX一本に絞った理由は、バフェットさんの成績が年平均14%のリターンであることを考えた場合、複数の投資対象銘柄の中から6銘柄に絞る労力が自分の種銭では割に合わないだろうと考えたためでした。しかし、あの時の候補だった銘柄を絞らずにすべてに分散投資していたらどのようなパフォーマンスだったのかを調べてみました。対象銘柄は15銘柄。すべて2010/10/1の高値で購入したと想定し、その後の安値を元に日々の株価変動率を計算し、平均値を求めました。
最大ドローダウンは2011/3/15の
15銘柄平均-19.5%
日経平均-13.1%
でした。
日経平均が最も値下がりした日である2011/11/24は
15銘柄平均5.1%
日経平均-14.1%
でした。ほぼ1年経過後といったところです。
アベノミクスが始まる前でありちょうど2年目にあたる2012/10/1では、
15銘柄平均48.1%
日経平均-7.5%
2年目にしてこれだけ上がったのであれば、当時これらすべてに分散投資するべきだったと判断できます。また信用取引で必要な経費が年率5%程度であること、および大震災を経てもなお最大ドローダウンが-19.5%であったことを考えれば信用取引をやったほうがいいと考えられます。もちろん過去がそうであったからといってこれからも同じであるとは言えませんが。
アベノミクス後の今現在2013/2/8では
15銘柄平均94.3%
日経平均17.6%
でした。

初めて訪れた方へ

2013.02.10 (Sun)
私が株式を始めたのは2005年からです。一度退場も経験しました。さまざまなトレードスタイルを試みましたが、現在は国内株式の長期投資がメインです。私が師匠と仰ぐのはウォーレンバフェット・ジョージソロス・ジムロジャーズ・ベンジャミングレアム・ピーターリンチ・フィリップAフィッシャー・ナシーブニコラスタレブ(敬称略)です。
 | HOME |