投資家tmhiknのブログ

記事一覧
アクセスランキング

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジム・ロジャーズ氏インタビュー2013年7月30日

2013.07.31 (Wed)
ジム・ロジャーズ氏インタビュー

引用

「強気市場においても50%程度の価格調整は得てして起こるものです。金価格で言えば900~1,000米ドルが50%の価格調整に相当するのですが、その水準まで下落するかどうか
私にもわかりません。下落するとは予測していますが、それは下落するということを意味しているわけ
ではありません。」

「金価格についての私のベストな答えは、900~1,000米ドルまで下がった時点で金を大幅に買い増すというこ
とです。」

「金市場に最終的なバブルが見られ
るようになるまで今後数年間は金を売却せず、保有を継続したいと思っています。多くの強気な市
場はバブルを終えました。金もいつかその日を迎えることでしょうが、私が考えるにその日はまだ
訪れていません。」

「コーヒーもそうですが、価格が大幅に下落したときには、購入を検討するべきだと思います。」

「農作物の中でいくつかを組み合わせれば、この先6カ月程度を見た場合、最も良好なリターンが出ると思います。実際のところ値上がりするのは砂糖ではないかもしれませんが、私は砂糖を買い増そうと思っています。」

引用終わり

 金1000ドル当たりはピークからの半額ということとチャートを見ていると魅力的な水準に見えます。金のバブルが目先終わったのかどうかは、私自身あまり真面目に考えていないのでわかりません。また円基準でみると円安のせいで半額までは下げないようです。でも円安はこれからもつづくと今の時点では判断していますので1000ドル当たりで金を買ってみようかなとは薄々考えております。
 コーヒーと砂糖は今年に入ってからずっと下げてます。前にも言ったかもしれませんが1月ごろにこれらは値段が下がり続けていたので購入検討対象でした。ただ結局は買わなくて今のところは正解だったと言う事ですね。商品先物は金は1年まで持つことができますがその他は6か月しか持てません。強制決済されますので6か月以内に上昇するものを買わないといけないのがつらいところ。「6か月程度を見た場合良好」とのことですが、「タイミングを図るタイプではない」とも言っているので農作物を買うべきかどうかは微妙です。^^;ETFを買えば保有し続けられますが、ETFとはいえ長期で持つと手数料は馬鹿になりません。

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資


スポンサーサイト

年初来パフォーマンス

2013.07.28 (Sun)
年初来パフォーマンス 67.4%
ベンチマーク 日経225 17.4%
TOPIX 15.6%
JASDAQ 27.4%
マザーズ 29.9%
年初来合計損益額 ¥2,443,790
期初自己資本 ¥3,627,100
証拠金 ¥6,185,910
信用買い建て時の建て玉総額 ¥2,173,000
信用売り建て時の建て玉総額 ¥1,921,520
ネット ¥251,480
買い方レバレッジ 0.35倍
売り方レバレッジ 0.31倍
コード 会社名 市場 最終価格 PER四 PER会 売買
損益率 持分比率 損益額 取得値 取得日 決済日 株数
9113 乾汽船 東1 ¥335 49.26 買い
23.6% 0.8% ¥6,400 ¥271 1月2日 保有中 100
2196 エスクリ 東1 ¥891 9.41 9.48 買い
19.8% 18.3% ¥132,300 ¥744 3月8日 保有中 900
5184 ニチリン 東2 ¥843 7.08 7.58 買い
-10.1% 3.9% ¥-19,000 ¥938 6月4日 保有中 200
-10.2% 17.2% ¥-76,800 ¥939 6月4日 保有中 800
-10.4% 12.9% ¥-58,800 ¥941 6月4日 保有中 600
1322 中国A株 東1 ¥2,822 売り
2.5% 7.1% ¥7,700 ¥2,892 7月18日 保有中 110
2.4% 4.0% ¥4,080 ¥2,890 7月18日 保有中 60
3398 クスリのアオキ 東1 ¥7,390 19.5 19.49 売り
-10.3% 16.9% ¥-76,000 ¥6,630 6月25日 保有中 100
3086 J.フロントリテイリング 東1 ¥829 15.32 15.10 売り
-7.5% 19.0% ¥-62,000 ¥767 6月25日 保有中 1000
6256 ニューフレアテクノロジー JQ ¥1,268,000 14.04 15.22 買い
119.0% ¥1,369,621 ¥579,000 3月7日 7月19日 2
住友大阪セメント 配当調整金 ¥18,570 7月4日
ウチヤマホールディングス 配当調整金 ¥5,571 7月4日
ウチヤマホールディングス 配当調整金 ¥3,714 7月4日
エスクリ 配当調整金 ¥6,499 7月2日
ニューフレアテクノロジー 配当調整金 ¥14,856 7月2日
6059 ウチヤマホールディングス JQ ¥3,080 #N/A 10.20
61.1% ¥346,234 ¥1,912 3月7日 7月2日 300
ウチヤマホールディングス JQ ¥2,991
30.1% ¥121,696 ¥2,367 3月22日 7月2日 200
2196 エスクリ 東1 ¥997
34.0% ¥122,475 ¥744 3月8日 7月1日 500
5232 住友大阪セメント 東1 ¥317
8.9% ¥96,081 ¥291 3月8日 7月1日 4000
データ・アプリケーション 配当調整金 ¥8,913 6月27日
データ・アプリケーション 配当調整金 ¥8,913 6月27日
3398 クスリのアオキ 東1 ¥6,630
-0.5% ¥-3,979 ¥6,660 6月26日 6月27日 100
3848 データ・アプリケーション JQ ¥240,000
51.6% ¥241,920 ¥158,300 2月25日 5月21日 3
46.3% ¥224,826 ¥164,100 3月13日 5月21日 3
※持分比率はその銘柄の時価/持ち株すべての時価総額
※去年以前から保有中の銘柄は買値=去年の終値とし、購入日は大発会の日にしています
※株式用資金のうち、27100円は乾汽船の去年の終値の時価総額分です。また乾汽船のみ現物です。
※日経平均等のベンチマークは主に銘柄を買った3月7日を基準にしています。
※売却済み銘柄の損益額は信用取引手数料等諸経費全込で計算しています。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

3770 ザッパラスが妙な動きを

2013.07.24 (Wed)
以前

3770 ザッパラスが急落

で購入検討していたが購入をやめた銘柄です。その後短期的には多少高値を更新していました。もともとPERが低いのでこの動きについては悪材料出尽くしみたいな感じだろうなと思っていました。あるいは相場がイケイケ雰囲気なのでそういった短期の人たちの多い相場だからだろう。もともとPERが低いのでここからさらにどんどん売られるわけでもないだろう。少なくとも短期的にはと事前に考えてはいました。でも長期的には業績はダメの可能性が高いと見えたので株価も長期的にはダメ。だから買わなかった。

 実際それから4か月たっているのですが株価は順調に下がり、最安値では4~3割減ほど値下がりしました。四季報や会社予想でも利益が4~3割減の予想に変更されていました。

 しかし6月26日に付けた最安値の後、派手に株価は上昇したりはしていないが、特に売られるでもなく底堅い印象(株価があまり動かない)。そして25日移動平均線を上回った7月18日に出来高が増え株価が大幅上昇。それを見ていた時に「売り枯れってやつなのか?買おうか?」と思ったのですが「そういう株価の値動きで買うか売るかを判断するのはやめよう。よくあるパターンだ。上がると見せかけて上がらないというのは。」と思い直した。案の上翌日「全モ」(※全額戻す)したのですが今日爆上げです。理由はわかりません。ニュースとか特にない様子です。

 上昇トレンド描いていきそう。などと言う妄想が膨らんできますが、様子見だけしてます(笑)。今PERが18倍ほどで将来の利益がはっきりと上昇するという見込みもはっきりとは見えてないですから。

 私の投資スタイルは初心者にお勧めできるような易しいものです。初心者向けというと「あまりもうからない」とか「初心者?かっこ悪い。俺は玄人だ。」「俺は天才だぁ(アミバ風に)」とか考えて敬遠される方多いと思いますが、私は意図的に易しい手法を選んでいます。バフェットさんピーターリンチさんも同じです。「低いハードルを選んでいる。難しいことは避ける」「業績が良くなってから買う。そのころには株価は底値から2倍になっているかもしれないが問題ない」「子供でもわかるような理由で買う」そういったことを言っています。

 とはいえ、慣れてきたと感じてきたのなら難しい事でも手を出していくつもりではいます。でも安易には手を出さないつもりです。

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資


私の相場観2013年7月参院選直前

2013.07.21 (Sun)
前回の予想はあたった
 自慢します。私はできる男アピールです。
6月7日のコラム 私の相場観2013年6月マザーズ暴落と今後を見てください。
「日経が12000円まで来る確率は前回の時点で45%、一瞬でも高値を抜けて行く確率は10%、11000円を割れていく確率は10%そのいずれでもない確率は35%と考えていました。」←これは5月23日の暴落後から考えていました。
結果は6月14日の12415円が最安値でした。つまりもっとも高い可能性と予想していた動きの通りでした。
 また「雇用統計後については前回は参院選で祭りが来ると言いましたが、その祭りの規模ですが、マザーズについては中止になったかもしれません。」と書きました。祭りと言うほどではないかもしれませんが、参院選に向けて株価は順調に上昇しましたね。それにやはりマザーズのほうが戻りは鈍いですね。値幅そのものはマザーズのほうが大きいですが。ちなみに株価上昇し始めた7月1日時点で14800円前後ぐらいまで上がるのじゃないかと思っていました。ブログに書かなかったので完全に後出しです。「その割には上がってる最中に株を売ってたじゃないか」と思われるかもしれませんが、私は上下に激しく揺れながら上がるものと思っていたのです。なので下がらずに一方的に上がり続けたのは意外でした。個別に株を見ると住友大阪セメントは売った後もそこそこ上昇していました。エスクリは売ったの後に少し下がった。ウチヤマHDは売った値段から横横変わらずです。ニューフレアについては誰もが利益が出ている状態なので日経平均が下がるときには一番下がりやすいかなと思い早めに売りたかった。ついこの間売ったのでとりあえず打った値段より下がっていますが、まだ来週以降どうなるかはわかりません。

参院選後について
 6月7日のコラムには「日経平均は参院選終わった時点でももう年初来新高値更新は難しいかもしれません。超える確率は30%ぐらいかな。参院選終わったら株売りですね。空売りも行きます。」と書きました。今も考えは変わりません。「長期的に株を保有し続ける」と言ったじゃないかと思われるかもしれませんが、割と自分の短期的な予想が当たるのであたるのであればその通り動けばいいじゃないという風に少し考えを改めました。
 これまでは日銀の転換というのがテーマにあり、これは円安やインフレ期待に大きく影響与えました。また日本株が世界で無視されていたのが是正される流れもあったと思います。そして政治のねじれ解消も起きました。いくつかのテーマが終わったことで出尽くしです。ただ出尽くしと言ってもそれほど強い売りにはならないでしょう。とりあえず12000円という壁は生き続けます。これを突破するには中国でバブルが崩壊しないとダメでしょう。選挙後長期投資家の買いが入り株価が上昇すると予想する人もいますが、確かに日本の状況だけを見れば積極的に売る理由はありません。ただこれまでのような上昇スピードは無いでしょう。長期投資家はじっくり買うでしょうし、実際強気の人もこれまでのスピードは出ないと考えている人が多いでしょう。

年内は基本アンメルツ横横
 日経平均は5月23日の高値を上限に12000円当たりを下限した動きになると思います。上限を抜ける確率は30%下限を抜ける確率は10%。特に驚くようなニュースが出なければ、さらに狭いレンジの間でうろうろするだけだと思います。たとえば上限を突破するには現政権がもっと踏み込んだ成長戦略を発表した場合。下限を突破するには新興国がマネーの逆流で成長鈍化が激しくなること・中国が理財商品をつぶしに来た場合。アメリカについては経済が良くなっても緩和縮小があるのでプラスにもマイナスにもならず。ただしインフレ鈍化を理由に縮小をしなければ株価は上昇し続けるでしょう。FRBの意図は「景気が自立回復してくれれば株価の上昇はもういらない。から縮小します」でしょう。つまり株価横横狙いです。株価下がっても景気さえ回復すればいいんですが、さすがに下がりまくるのは怖いのでそれは意図していないでしょう。

年内に必ず起こるビッグイベント消費税増税判断
 日本はかつて消費税増税で不況を招きました。今のところ政府は増税の姿勢です。増税を煽って消費を増やし景気回復狙いなのかどうかはわかりませんが、増税になると不況になる可能性があります。少なくとも株価は大きく反応するでしょう。ただし政府は増税を前提に姿勢を示しているので増税決定したとしても、12000円突破するほどの力にはならないかと。まずは8月12日の4から6月期四半期GDPで株価は反応するかもしれません。

年末に売り圧力
 ファンドの決算期で毎年年末は安くなりやすい。来年からは株の譲渡税が20%に戻ります。年末に高くなるとは思っていません。しかしそこが今年で一番の買いタイミングだと思います。12月11月は買うつもりです。

いつかは必ず崩壊する理財商品
 崩壊させないとなくなりません。崩壊すると失業率が増えますが、崩壊させなければ不動産が上がり続け、実需筋が買えなくなりどちらにしろ不満は高まります。崩壊しないバブルは歴史上ありません。中央銀行が紙幣をすればいくらでも上がり続けられますが、不動産を投機目的で買わない人たちの不満は爆発します。土地の目的は住む場所と商売の場所を提供することです。生活に必要なものです。チューリップなら代替は聞くでしょうが土地では不可能です。土地買えない人に補助金出せばいいかもしれませんが。中国政府はどうやら潰すつもりのようです。私は実行力を見守ってます。ソロスはバブルの唯一の対処として早く行動することだと言ってます。あとに回しても問題が大きくなるだけです。理財商品の問題は今に始まったことではありませんが、そろそろ崩壊おきそうです。理財商品をつぶしたければ、中国国民に理財商品を買えば損をすると言う事を知らしめねばなりません。

好業績割安株を保有したままにするのは悪くないし、レンジ想定で売り買いするのもいいんじゃないでしょうか。
 ただし中国が逝かなければ。中国関連ではない株で米国の好影響を受ける株。むしろ米国買い。また円安メリットの受ける株を買うのが良いでしょう。

世界のPER
 ここで毎日世界の平均株価のPERが更新されてます。お分かりの通り日本アメリカは高く、中国が低いです。要するに日米の好景気化、中国の鈍化がすでにある程度織り込まれているんです。なので中国売りアメリカ買いなどと言いましたけど割と微妙なところです。ですから余むやみに強気になったり弱気になったりしないほうがいいでしょう。基本横横スタイルで見てます。なのになぜ中国A株ETFを空売りしたのか。

特に驚くようなニュースが出なければ年内横横です←でも出そうです!
 中国が新政権に変わり最初に膿を出したいと考えているらしいと言う事。アメリカの景気が良くなれば中国のショックも和らぎやすいし、FRB緩和縮小で投機マネーを追い出しやすい状況になっているという事。
 また「2006年 サブプライムローン」で検索して古いニュースをみてほしい。問題についてすでに取り上げられているにもかかわらず株価が堅調であった時期です。

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

年初来パフォーマンス

2013.07.20 (Sat)
年初来パフォーマンス 67.4%
ベンチマーク 日経225 21.2%
TOPIX 20.1%
JASDAQ 28.8%
マザーズ 25.1%
年初来合計損益額 ¥2,442,880
期初自己資本 ¥3,627,100
証拠金 ¥6,185,910
信用買い建て時の建て玉総額 ¥2,173,000
信用売り建て時の建て玉総額 ¥1,921,520
ネット ¥251,480
買い方レバレッジ 0.35倍
売り方レバレッジ 0.31倍
コード 会社名 市場 最終価格 PER四季 PER会社 売買
損益率 持分比率 損益額 取得値 取得日 決済日 株数
9113 乾汽船 東1 ¥353 51.91 買い
30.3% 0.8% ¥8,200 ¥271 1月2日 保有中 100
2196 エスクリ 東1 ¥985 10.4 10.48 買い
32.4% 19.6% ¥216,900 ¥744 3月8日 保有中 900
5184 ニチリン 東2 ¥830 6.98 7.46 買い
-11.5% 3.7% ¥-21,600 ¥938 6月4日 保有中 200
-11.6% 16.6% ¥-87,200 ¥939 6月4日 保有中 800
-11.8% 12.5% ¥-66,600 ¥941 6月4日 保有中 600
1322 中国A株 東1 ¥2,825 売り
2.4% 6.9% ¥7,370 ¥2,892 7月18日 保有中 110
2.3% 3.8% ¥3,900 ¥2,890 7月18日 保有中 60
3398 クスリのアオキ 東1 ¥7,430 19.61 19.60 売り
-10.8% 16.4% ¥-80,000 ¥6,630 6月25日 保有中 100
3086 J.フロントリテイリング 東1 ¥891 16.46 16.23 売り
-13.9% 19.7% ¥-124,000 ¥767 6月25日 保有中 1000
6256 ニューフレアテクノロジー JQ ¥1,268,000 14.8 15.22 買い
119.0% ¥1,369,621 ¥579,000 3月7日 7月19日 2
住友大阪セメント 配当調整金 ¥18,570 7月4日
ウチヤマホールディングス 配当調整金 ¥5,571 7月4日
ウチヤマホールディングス 配当調整金 ¥3,714 7月4日
エスクリ 配当調整金 ¥6,499 7月2日
ニューフレアテクノロジー 配当調整金 ¥14,856 7月2日
6059 ウチヤマホールディングス JQ ¥3,080 #N/A 10.20
61.1% ¥346,234 ¥1,912 3月7日 7月2日 300
ウチヤマホールディングス JQ ¥2,991
30.1% ¥121,696 ¥2,367 3月22日 7月2日 200
2196 エスクリ 東1 ¥997
34.0% ¥122,475 ¥744 3月8日 7月1日 500
5232 住友大阪セメント 東1 ¥317
8.9% ¥96,081 ¥291 3月8日 7月1日 4000
データ・アプリケーション 配当調整金 ¥8,913 6月27日
データ・アプリケーション 配当調整金 ¥8,913 6月27日
3398 クスリのアオキ 東1 ¥6,630
-0.5% ¥-3,979 ¥6,660 6月26日 6月27日 100
3848 データ・アプリケーション JQ ¥240,000
51.6% ¥241,920 ¥158,300 2月25日 5月21日 3
46.3% ¥224,826 ¥164,100 3月13日 5月21日 3
※持分比率はその銘柄の時価/持ち株すべての時価総額
※去年以前から保有中の銘柄は買値=去年の終値とし、購入日は大発会の日にしています
※株式用資金のうち、27100円は乾汽船の去年の終値の時価総額分です。また乾汽船のみ現物です。
※日経平均等のベンチマークは主に銘柄を買った3月7日を基準にしています。
※売却済み銘柄の損益額は信用取引手数料等諸経費全込で計算しています。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

6256 ニューフレアテクノロジー 売却

2013.07.19 (Fri)
1268000円2株売却
全株売却です。
長期的に見ればまだまだ会社の業績も株価も上昇できると思いますし、
短期的にはハッキリとこうなるというのはわかりませんが、良くても来週高値つけて、さらにその翌週以降は今の値段より下がるんじゃないかな。と思ったので。いったん売却しました。
よく見ると当初の目標株価より上昇し高値で売れました。

みんかぶ


このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

上場インデックス中国AパンダCSI300 売り 1322

2013.07.18 (Thu)
2892円110株
2890円60株

みんかぶ

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

ニューフレアテクノロジー S高

2013.07.16 (Tue)
「モルガンがオーバーウエイト目標株価150万円。少なくとも15年まで独占が続き、受注拡大により
14年度の大幅増益の確度が高まる。
フィスコ」
というニュースがマーケットスピードとここでみられる。

現在PERは13倍

 私は最近の株価上昇でいくつか株売却を行ってきたがニューフレアテクノロジーとニチリンに関してはまだ一度も売っていない。会社の魅力に対して株価が特に割安だと考えているからだ。
 ちなみにこれらの株は景気敏感株であり、好景気時にはPERは低めになるとピーターリンチはいう。
次の不景気を織り込んでいるから低くなるというのが理由なのだが、私はそれだけではないと思う。今のような景気回復期において業績回復に対して投資家が確信を持てず、アナリストなどの業績予想も控えめに出されるところ蓋を開ければ好調といったことが起こるために予想PER実質PERともに低くなるものと考えている。
 以前どこかで半導体業界で働いていたという人の投資ブログ(私は大学で電子物性を学ぶ学部に所属)でシリコンサイクルについて書かれていたのだが、単に一定の周期が起こっているからとして株価を予想するのではなくもう少し深く考えたほうがいいと思う。
 シリコンサイクル論文
 結論からすればIC技術イノベーションがシリコンサイクルの核ということだ。新プロセス新型機の登場とインテルの高性能次世代CPU登場。私は半導体に関するニュースは経済紙ではなく
 EETimesJapan
をRSSに登録し見ている。
 新しい技術が実用化され製品化されれば商品の魅力が増し売れる。これは当たり前の事ではないでしょうか。タブレットPCは私には使い道は無いが、キーボードを打ち続けるような作業でもない限りは、安く軽く起動が短く用途によっては魅力的なようでよく売れている。スマホはあれ一台で結構なんでもできる。仕事上スマホを使えばコストを下げれるので私は購入したが、電卓カメラ等色々使えて便利。GPSまであるし(使わないが)、テレビまで見れる。(そもそも私はテレビは見ないが)。昔はポケットに入る携帯テレビは7千円ぐらいしたとおもうし、PCのGPSキットは数万円したと思うがこれがすべてまとめて数万円で手に入る。(私は中古で3000円で手に入れた←安!)。技術の進歩と言うべきか何と言うかこういう時代の進歩進化の速さに驚く。アップルがipadとか出してきたときに「昔PDAって流行ったよね。(笑)大学入ったぐらいのころでカシオの初代PDAwindowsCE機を買って何かしていたが所詮おもちゃにしかならなかった。電子書籍だって昔からEPWINGってのがあってだな(ry、一般に広まっているとは言えない。電子書籍うまくいくのかね?」と思っていましたがこのありさまです。なぜアップルがやると成功するのだろう。私の持ってる製品はアップル様の高級品ではございませんが、それでも十分にすごいと思う。

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

年初来パフォーマンス

2013.07.15 (Mon)
年初来パフォーマンス 55.0%
ベンチマーク 日経225 20.5%
TOPIX 19.1%
JASDAQ 28.5%
マザーズ 25.0%
年初来合計損益額 ¥1,995,489
期初自己資本 ¥3,627,100
証拠金 ¥4,816,289
信用買い建て時の建て玉総額 ¥3,331,000
信用売り建て時の建て玉総額 ¥1,430,000
ネット ¥1,901,000
買い方レバレッジ 0.69倍
売り方レバレッジ 0.30倍
コード 会社名 市場 最終価格 PER四季 PER会社 売買
損益率 持分比率 損益額 取得値 取得日 決済日 株数
9113 乾汽船 東1 ¥365 53.67 買い
34.7% 0.6% ¥9,400 ¥271 1月2日 保有中 100
6256 ニューフレアテクノロジー JQ ¥982,000 11.78 11.78 買い
69.6% 32.5% ¥806,000 ¥579,000 3月7日 保有中 2
2196 エスクリ 東1 ¥1,040 10.98 11.07 買い
39.8% 15.5% ¥266,400 ¥744 3月8日 保有中 900
5184 ニチリン 大証2部 ¥868 7.3 7.80 買い
-7.5% 2.9% ¥-14,000 ¥938 6月4日 保有中 200
-7.6% 12.4% ¥-56,800 ¥939 6月4日 保有中 800
-7.8% 9.3% ¥-43,800 ¥941 6月4日 保有中 600
3398 クスリのアオキ 東1 ¥7,700 20.32 20.31 売り
-13.9% 12.7% ¥-107,000 ¥6,630 6月25日 保有中 100
3086 J.フロントリテイリング 東1 ¥848 15.67 15.45 売り
-9.6% 14.0% ¥-81,000 ¥767 6月25日 保有中 1000
住友大阪セメント 配当調整金 ¥18,570 7月4日
ウチヤマホールディングス 配当調整金 ¥5,571 7月4日
ウチヤマホールディングス 配当調整金 ¥3,714 7月4日
エスクリ 配当調整金 ¥6,499 7月2日
ニューフレアテクノロジー 配当調整金 ¥14,856 7月2日
6059 ウチヤマホールディングス JQ ¥3,080 8.17 10.20
61.1% ¥346,234 ¥1,912 3月7日 7月2日 300
ウチヤマホールディングス JQ ¥2,991
30.1% ¥121,696 ¥2,367 3月22日 7月2日 200
2196 エスクリ 東1 ¥997
34.0% ¥122,475 ¥744 3月8日 7月1日 500
5232 住友大阪セメント 東1 ¥317
8.9% ¥96,081 ¥291 3月8日 7月1日 4000
データ・アプリケーション 配当調整金 ¥8,913 6月27日
データ・アプリケーション 配当調整金 ¥8,913 6月27日
3398 クスリのアオキ 東1 ¥6,630
-0.5% ¥-3,979 ¥6,660 6月26日 6月27日 100
3848 データ・アプリケーション JQ ¥240,000
51.6% ¥241,920 ¥158,300 2月25日 5月21日 3
46.3% ¥224,826 ¥164,100 3月13日 5月21日 3
※持分比率はその銘柄の時価/持ち株すべての時価総額
※去年以前から保有中の銘柄は買値=去年の終値とし、購入日は大発会の日にしています
※株式用資金のうち、27100円は乾汽船の去年の終値の時価総額分です。また乾汽船のみ現物です。
※日経平均等のベンチマークは主に銘柄を買った3月7日を基準にしています。
※売却済み銘柄の損益額は信用取引手数料等諸経費全込で計算しています。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

米バークシャー、ダビータ株63.92万株買い増し-株価下落局面

2013.07.07 (Sun)
米バークシャー、ダビータ株63.92万株買い増し-株価下落局面

引用
「7月5日(ブルームバーグ):資産家ウォーレン・バフェット氏率いる米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは、ヘルスケア・サービスの米ダビータ・ヘルスケア・パートナーズ の株を買い増した。メディケア制度による業界への支出削減が提案されたこと受け、ダビータ株は今週下落していた。
バークシャーの5日の当局への届け出によると、同社は7月2、3日にダビータ株63万9200株を約7340万ドル(約74億2700万円)で購入した。これにより、バークシャーと傘下事業はダビータ株1560万株余りを所有することになるという。ダビータ株は2、3の両日で6%下げていた。」
引用終わり

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

年初来パフォーマンス

2013.07.06 (Sat)
年初来パフォーマンス 54.6%
ベンチマーク 日経225 18.9%
TOPIX 17.7%
JASDAQ 29.6%
マザーズ 22.0%
年初来合計損益額 ¥1,978,989
期初自己資本 ¥3,627,100
証拠金 ¥4,816,289
信用買い建て時の建て玉総額 ¥3,331,000
信用売り建て時の建て玉総額 ¥1,430,000
ネット ¥1,901,000
買い方レバレッジ 0.69倍
売り方レバレッジ 0.30倍
コード 会社名 市場 最終価格 PER四季 PER会社 売買
損益率 持分比率 損益額 取得値 取得日 決済日 株数
9113 乾汽船 東1 ¥363 53.38 買い
33.9% 0.6% ¥9,200 ¥271 1月2日 保有中 100
6256 ニューフレアテクノロジー JQ ¥999,000 11.98 11.99 買い
72.5% 33.5% ¥840,000 ¥579,000 3月7日 保有中 2
2196 エスクリ 東1 ¥1,003 10.59 10.67 買い
34.8% 15.1% ¥233,100 ¥744 3月8日 保有中 900
5184 ニチリン 大証2部 ¥818 6.87 7.35 買い
-12.8% 2.7% ¥-24,000 ¥938 6月4日 保有中 200
-12.9% 12.6% ¥-96,800 ¥939 6月4日 保有中 800
-13.1% 9.4% ¥-73,800 ¥941 6月4日 保有中 600
3398 クスリのアオキ 東1 ¥7,350 19.4 19.38 売り
-9.8% 12.3% ¥-72,000 ¥6,630 6月25日 保有中 100
3086 J.フロントリテイリング 東1 ¥820 15.15 14.94 売り
-6.5% 13.7% ¥-53,000 ¥767 6月25日 保有中 1000
住友大阪セメント 配当調整金 ¥18,570 - - 7月4日 -
ウチヤマホールディングス 配当調整金 ¥5,571 - - 7月4日 -
ウチヤマホールディングス 配当調整金 ¥3,714 - - 7月4日 -
エスクリ 配当調整金 ¥6,499 - - 7月2日 -
ニューフレアテクノロジー 配当調整金 ¥14,856 - - 7月2日 -
6059 ウチヤマホールディングス JQ ¥3,080 8.41 10.20 -
61.1% - ¥346,234 ¥1,912 3月7日 7月2日 300
ウチヤマホールディングス JQ ¥2,991 - - -
30.1% - ¥121,696 ¥2,367 3月22日 7月2日 200
2196 エスクリ 東1 ¥997 - - -
34.0% - ¥122,475 ¥744 3月8日 7月1日 500
5232 住友大阪セメント 東1 ¥317 - - -
8.9% - ¥96,081 ¥291 3月8日 7月1日 4000
データ・アプリケーション 配当調整金 ¥8,913 - - 6月27日 -
データ・アプリケーション 配当調整金 ¥8,913 - - 6月27日 -
3398 クスリのアオキ 東1 ¥6,630 - - -
-0.5% - ¥-3,979 ¥6,660 6月26日 6月27日 100
3848 データ・アプリケーション JQ ¥240,000 - - -
51.6% - ¥241,920 ¥158,300 2月25日 5月21日 3
46.3% - ¥224,826 ¥164,100 3月13日 5月21日 3
※持分比率はその銘柄の時価/持ち株すべての時価総額
※去年以前から保有中の銘柄は買値=去年の終値とし、購入日は大発会の日にしています
※株式用資金のうち、27100円は乾汽船の去年の終値の時価総額分です。また乾汽船のみ現物です。
※日経平均等のベンチマークは主に銘柄を買った3月7日を基準にしています。
※売却済み銘柄の損益額は信用取引手数料等諸経費全込で計算しています。
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

6256 ニューフレアテクノロジー 大幅高

2013.07.05 (Fri)
本日は比較的市場が堅調な中だが、8%超の大幅高。特にニュースは無い。
朝の寄り付き直後に大きな買いが入っている。

良い点は中国でスマホの製造販売している会社が前期比で3ケタの大幅増益を達成したり、世界中でタブレット販売が急拡大中。東芝が半導体工場を新設。インテルの14nmプロセスの半導体チップ量産計画。夏に新型モデルの発表予定。

悪い点はサムスンが思ったよりスマホの売れ行きが悪く、株価下落。PCやノートパソコンの市場がやはりタブレットに食われ気味。中国のGDPは中国の消費電力やごみの量などから実はもっと悪いという点。

全体でみるとタブレットの好調が影響として大きいようだ。タブレットは値段的には高くないし、使い道もいろいろあるようなので企業や家庭でセカンドマシンとしての需要で伸びている様子。まだまだ市場の拡大は始まったばかりで伸びしろもあるみたい。

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

ドル円 ショート 1万通貨 99.637円

2013.07.03 (Wed)
2013/7/2ドル円 ショート 1万通貨 99.637円
2013/6/29ドル円 クローズ 1万通貨 99.404円 スワップ11円
2013/6/28ドル円 クローズ 1万通貨 98.482円 スワップ7円
2013/6/21ドル円 ロング 1万通貨 97.769円
2013/6/20ドル円 ロング 1万通貨 96.681円

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

6059 ウチヤマホールディングス 売り

2013.07.02 (Tue)
2991円200株売り
3080円300株売り

みんかぶ

ポートフォリオ全体で買いを減らすため。中期的に見て他の銘柄と比べると割高。

14時49分に1300株の大口買いが突如入った後、売買が活発になったがいったいなんだろう・・。

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

2196 エスクリ 一部売り

2013.07.01 (Mon)
997円500株売り

みんかぶ

中期的な目線では他の保有株と比べて少し割高と思う。長期的には悪くない。短期的にはわからない。ポートフォリオ全体として少し買いを減らしておきたいのもあったのでこれを少し売った。

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

5232 住友大阪セメント 売り

2013.07.01 (Mon)
317円4000株売り

みんかぶ

テーマ性より純粋な業績による投資に移行したいから。テーマによる売買は小額のみにとどめたい。

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。