投資家tmhiknのブログ

記事一覧
アクセスランキング

指定期間 の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2751 テンポバスターズ 買い

2013.11.27 (Wed)
984円×500株買い
981円×500株買い

みんかぶ
スポンサーサイト

6059 ウチヤマホールディングス 売り

2013.11.26 (Tue)
2687円×400株売り
スイング
みんかぶ

前日比で出来高が増えると買い

2013.11.22 (Fri)
前日比で出来高増えると買い。出来高増えているのに大きく株価が動いていないのは買い。
と言うようなテクニカル?アノマリーを聞いた事がある。私が最初に買った株の本(秋津学著だったと思う)に書いてあったと思う。
ドワンゴ株もそうだったのだが、1株を100株の倍数に分割し1単元を100株にする銘柄がここ数カ月で相次ぎ出来高が一気に増えることになった。しかし分割をしているのだから実質的に商いが大きくなったわけではない。ところが出来高が大きくなり株価が大きくなったせいで上がると思った買いが入ったのかその翌日と翌々日に株価が上昇している。ドワンゴ以外にもテンポバスターズやザッパラスでも同じ動きになっている。これはたまたまの偶然の出来事なのか・・・・?

私の相場観 2013年11月 再開

2013.11.17 (Sun)
もう書かないと言ったのに書きます。
書かないと言っても相場の事を考えないと言う事ではありませんでした。
確かに考えても意味がないみたいな感じで否定しましたが、実はというかやはり考えてしまいます。
そして考えていることを書くとすっきりするような気がするので書きます。
義務で書くわけではありません。ただ気が向いた時、書いた方が気持ちいいいだろうと言うときだけ書きます。目的は自分が気持ちよくなることだけです(笑)。義務感を持たされると急に書く気が失せます。読者を意識して、「再開する」と言うのならば定期的に書かなくちゃいけないとか、相場観が変更されたらそれをここに書かなくちゃいけないとかそういう風に考え始めると嫌になります。

 減税措置が切れる前の売りが出ると言う事を以前書きましたが、そもそもクロス取引をするので影響はないんじゃないかと言うのもあります。クロス取引している大口の人も見かけます。税金対策のため売るとは言っても売りっぱなしではなく結局は買い戻すでしょう。また世間ではこれだけ意識されているわけですから、早い段階で売りをこなしている可能性がすでに高いです。裏の裏を読めばもう売りが終わっている可能性もあります。実際大量保有報告書で売りが散見されますよね。私は11月12月が買い時だと夏の時点で言いました。途中から下手すりゃ11月が最後の可能性もあると思うようになりました。ですので11月第1週目に買いたいと思っていた銘柄を買いました。しっかり分析して買ったというよりも時間に追われた感じなので(←いつもの事)すが・・。今のところ日経225TOPIXは上がってますがマザーズ(つまり個人投資家や私が買うような株)は上がってません。今週上がっていくのかどうかはわかりません。なので自分が買う株の最大額まで突っ込んではいません。下がったら買いまし、下がらなければじっとしているか売りです。しかし今後は5月までの様な大きな上昇までは至らないだろうからちょっとの上昇でちょびちょび売っていこうかと思います。
 「日経225先物に短期筋の買いが入っている。閑散としているところに仕掛けが」というニュースを見ましたが、皆が12月に売り圧力にさらされるだろうと言う事で売りを済ませ、様子見をしているところに買いが入ったのではないでしょうか。だとすれば売り圧力にさらされる事は無く、短期筋は利益を得られるのではないでしょうか。「短期筋=馬鹿な連中」みたいな物の見方はしないほうがいいと思います。
 12月にもテーパリングが始まる可能性も残っているのでは?以前は9月か12月かと言われていましたが、今は3月がメインシナリオです。先週はイエレンが注目されましたが、なぜかドル円は円安に向かいました。イエレンはよりハト派なのだから普通は円高に向かいやすいはずなのですが、これが逆に動いたのは既に先読みされていて逆に円買いがたまっていたので出尽くしの動きだったのではないでしょうか。また12月のテーパリングの先読みによる円売りではないでしょうか?
 以上はまるで12月には売りが出ないみたいなことを書いてますが、あくまでもどうなるかは良くわかりません。ですのでちょっと下がれば買い、ちょっと上がれば売りでいこうかなと考えてます。あるいは下がった時には買うがちょっと上がった程度では売らず株価が割安じゃなくなるまでずっとホールドで行くか・・・悩みどころです。
 1月はどうなるか2月は?また財政の崖がどうなるかまたその先は等先の先まで考えてます。がもう長くなったのでまた次回にでも書きます。
 ちなみに過去の動きですが10月に財政の崖懸念でいったん相場が下がりそのあと解決前に上昇していきましたよね。あの底あたりで「確か去年当たりにも財政の崖問題が出て結局は崖に転落することは無いんだから下がるんじゃなくてあがるんじゃないかもう今が底なんじゃないか」と思っていましたがその通りになりました。でも自分はその時ポジションを増やしたりはしていなかったので後出しでこんなこと言っててもかっこよくもありませんし、利益もありません(笑)。ただ解決前にあそこまで一方的に株価が上がるとまでは思いませんでしたのでびっくりしてました。
 9月のテーパリング開始観測に合わせて新興国の株が売られてました。私も中国を遅れて売ってましたが、その時に今が底かもしれないとも言ってました。ほぼ底でした。中国も必死で経済対策を売ってきました。彼らにはバブルをつぶす気はあまりないことがわかりました。案の上先月あたりに不動産が一部都市で20%上がるというこれまで以上にスピードが加速しました。その翌日Shiborが案の上上昇しました。しかし5月のようにそれが問題になって世界株式が売られるという事態にまでは至りませんでした。これも予想通りです。すでに中国は前回不動産市場を抑制する意図が無いことを示したからです。市場もそこから学習して大丈夫だろうと思うようになります。こうやって徐々にバブルが進みます。モラルハザードです。長い目で見ておかしな値段が付き始めるのも、短期的な目線で物事を見ている人たちが「前回もそうだったから今回もそうなるだろう」という考えの元、トレンドを形成するがごとく一つの方向へ向かっていきます。最近何チャラ大会が中国で開かれて、自由市場に主導権を握らせて健全な?(だったか)成長を目指すとのたまわってましたが掛け声ばかりではたしてどこまでやれるのか?です。期待しないほうが当然賢明です。中国でも日本でもどこでも政治家は政治家です。外面だけはいい人たちです。ジョージソロスは中国の不動産はバブルが抑制されている。影の銀行(シャードーバンキング)は米国のサブプライムローンに似ていると言いました。どこかの記事で不動産は10%の成長で、中国のGDPも10%の成長だから問題ないと書かれていました。確かにそうかもしれませんが、GDPの成長は今もそうですし今後もゆっくりと低下していくとみられています。ですが不動産は逆に加速してしまいましたよね。GDPを伸ばすことができずそれを不動産の上昇にますます頼ろうとしている政治。進んでいる方向は良いようには見えません。それと理財商品の利回りは18%と聞きました。これは極端な例かもしれませんが、GDPが7.5%の国で元本を保証された?(ここら辺があいまい)商品が18%と言うのはおかしな話です。まるで安愚楽牧場見たいです。

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

年初来パフォーマンス11月中間 72.5%

2013.11.16 (Sat)
先週今週と買いポジを550万円ほど増やしましたので途中経過をまとめました。マザーズに連動しやすいようでパフォーマンスが低下しています。 日経225とTOPIXはだいたい似たような動きでボラティリティも低いのですが、マザーズは違った動きをしてなおかつボラティリティがでかいですね。JASDAQはちょうど中間と言った感じです。自分の銘柄にはマザーズは全くなく、東証1部2部とJASDAQばかりなのですがマザーズに連動しているようです。やはり個人投資家が好む銘柄だからと言う事でしょうか。ちなみに意図的にマザーズを避けているわけではありません。マザーズが調子いいときはマザーズ指数のほうが伸びるのですが悪いときは私のほうが堪えています。ボラティティがマザーズ指数より低いのですね。
年初来パフォーマンス 72.5%
ベンチマーク 日経225 26.0%
TOPIX 22.7%
JASDAQ 31.2%
マザーズ 34.5%
年初来合計損益額 ¥2,628,789
期初自己資本 ¥3,627,100
証拠金 ¥6,211,189
信用買い建て時の建て玉総額 ¥8,836,500
信用売り建て時の建て玉総額 ¥372,000
ネット ¥8,464,500
買い方レバレッジ 1.42倍
売り方レバレッジ 0.06倍
▼保有中買い玉 ↓明細 損益額合計→ ¥-133,600
証券コード 会社名 市場 保有比率 損益率 評価損益計
新規価格 現在価格 株数 新規日 評価損益
9113 乾汽船 東1 ¥11,300
¥271 ¥384 100 1月2日 ¥11,300
2196 エスクリ 東1 27% 3.9% ¥96,000
¥888 ¥889 500 11月15日 ¥500
¥974 ¥889 500 10月29日 ¥-42,500
¥907 ¥889 500 10月17日 ¥-9,000
¥856 ¥889 500 9月19日 ¥16,500
¥744 ¥889 900 3月8日 ¥130,500
5184 ニチリン 東2 21% 1.8% ¥36,600
¥952 ¥960 500 11月15日 ¥4,000
¥938 ¥960 200 6月4日 ¥4,400
¥939 ¥960 800 6月4日 ¥16,800
¥941 ¥960 600 6月4日 ¥11,400
1413 桧家ホールディングス 名 21% 3.2% ¥63,500
¥1,402 ¥1,445 100 11月8日 ¥4,300
¥1,395 ¥1,445 200 11月8日 ¥10,000
¥1,401 ¥1,445 300 11月8日 ¥13,200
¥1,400 ¥1,445 800 11月8日 ¥36,000
7426 山大 JASDAQ 26% -14.1% ¥-341,000
¥475 ¥461 500 11月15日 ¥-7,000
¥532 ¥461 2000 11月8日 ¥-142,000
¥557 ¥461 2000 11月8日 ¥-192,000
▼保有中売り玉 ↓明細 損益額合計→ ¥-80,800
3715 ドワンゴ 東1 4% -21.7% ¥-80,800
¥1,860 ¥2,264 200 8月23日 ¥-80,800
▼保有中短期売買分 明細無し 損益額合計→ ¥232,000
▼決済済み ↓明細 損益額合計→ ¥2,611,189
新規価格 決済価格 株数 新規日 決済日 損益額
3398 クスリのアオキ 売り 東1
¥6,630 ¥6,560 100 6月25日 9月19日 ¥2,246
1678 インド 売り 東1
¥79 ¥87 5000 9月4日 9月19日 ¥-40,673
1322 中国A株 売り 東1
¥2,892 ¥3,110 110 7月18日 9月19日 ¥-24,935
¥2,890 ¥3,110 60 7月18日 9月19日 ¥-14,154
3086 J.フロントリテイリング 売り 東1
¥767 ¥821 1000 6月25日 9月19日 ¥-57,308
6256 ニューフレアテクノロジー JQ
¥579,000 ¥1,268,000 2 3月7日 7月19日 ¥1,369,621
6059 ウチヤマホールディングス JQ
¥1,912 ¥3,080 300 3月7日 7月2日 ¥346,234
6059 ウチヤマホールディングス JQ
¥2,367 ¥2,991 200 3月22日 7月2日 ¥121,696
2196 エスクリ 東1
¥744 ¥997 500 3月8日 7月1日 ¥122,475
5232 住友大阪セメント 東1
¥291 ¥317 4000 3月8日 7月1日 ¥96,081
3398 クスリのアオキ 東1
¥6,660 ¥6,630 100 6月26日 6月27日 ¥-3,979
3848 データ・アプリケーション JQ
¥158,300 ¥240,000 3 2月25日 5月21日 ¥241,920
¥164,100 ¥240,000 3 3月13日 5月21日 ¥224,826
短期売買分 損益額合計→ ¥148,220
配当合計→ ¥78,919
※去年以前から保有中の銘柄は買値=去年の終値とし、購入日は大発会の日にしています
※株式用資金のうち、27100円は乾汽船の去年の終値の時価総額分です。また乾汽船のみ現物です。
※日経平均等のベンチマークは主に銘柄を買った3月7日を基準にしています。
※売却済み銘柄の損益額は経費込で計算しています。
個人投資家パフォーマンスランキング
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

7426 山大 買い

2013.11.15 (Fri)
475円×1000株買い

みんかぶ

2196 エスクリ 買い

2013.11.15 (Fri)
888円×500株買い

みんかぶ

5184 ニチリン買い

2013.11.15 (Fri)
952円×500株買い

みんかぶ

2196 エスクリ

2013.11.09 (Sat)
エスクリは業績は右肩上がりだしまだ市場規模に対して売り上げは小さい訳だし将来性もある。にもかかわらず経営者の一人が株を売っているという理由で下がっているのなら買いだと思い先月は買い増しをしました。買うなら最後の絶好のチャンスではないかと思いました。
ちなみにその経営者の名前で検索すると彼は自身のブライダル関連のベンチャー企業を持っておりおそらく自分の経営に集中するために売ったのだろう。売るなら10%の税率である今しかないし、エスクリが割安だとしても自分の事業のほうが割安なら売ってしまうのも理解できる。経営者が売っているからと言ってその事業が悪いとは言い切れない。ベンチャーキャピタルは上場後早々に売ってしまうがだからと言って会社はその後伸びないのでしょうか?あとはトレンドも転換したし、売り圧力より買い圧力が増したのだろう。
今年の業績は良いのだが、買収した事業のおかげか、消費増税の前の駆け込み需要ではなかろうか。と言う事は来年が少し心配ではある。しかし景気回復が続くのであればあまり心配する必要は無いかもしれない。

1413 桧家ホールディングス 買い

2013.11.08 (Fri)
1400円×800株買い
みんかぶ

7426 山大 買い

2013.11.08 (Fri)
557円×2000株買い
みんかぶ

1413 桧家ホールディングス 買い

2013.11.08 (Fri)
1401円×300株買い
みんかぶ

7426 山大 買い

2013.11.08 (Fri)
557円×2000株買い
前回書いた東北地盤の住宅資材(木材)屋
悪い言い方だけど東北の木材は汚染が心配なのだが、やはり住宅をなくし、その地に再び住宅が建つことを考えれば需要がひっ迫するのも理解できる。過去の業績が物語っているし今後も復興需要は続くだろう。
逆に考えれば汚染やら災害やらで割安に放置されたまま(実体は急回復)なのだから絶好の買い場ではないだろうか。

みんかぶ

1413 桧家ホールディングス 買い

2013.11.08 (Fri)
1402円×300株買い
過去の成長実績と予想に対して割安
ただし四半期決算の進捗率が悪いし去年より悪い。それは他の会社住友林業とかも同じ。
在庫処分のため単価が落ちてみたいなことが書いてあるがなぜ住宅市場が持ち直していると言われているのに在庫処分が起きるのかわからない。在庫処分してもっと売れる不動産へリソース(人員等)を割くためにか?
とにかく不動産住宅市場の回復は続くとあちこちで言われてるので信じる事にした。
金融緩和で将来の物価上昇期待がとか、その割には今のところ金利が低下中なのだが。いずれにせよ日銀は物価上昇まで緩和すると言っているのでそこを信じよう。
金利が低い方が住宅購入しやすくなるし、将来値上がりするなら今のうちにと言うのもある。
人口が減る国で住宅需要が右肩上がりだとは思えないけど、住宅にも買い替え需要はあるわけだから短期的には上がることもあるだろう。
消費税の駆け込み需要と言う話もあるが、不動産に対して減税措置の話もある。さらに将来はまだ消費税は上がるわけでもある。
いずれにしてもこの会社のPERは6倍台と低い。とはいっても過去のこの会社のPERと比較すれば高い方だし、地方の証券会社に上場している会社は低いPERに放置されるのが普通。
この会社の社長は地方に行くとから金箔入りのワインを飲んだり、趣味と実益を兼ねて自転車競技の退会にお金を出していて人生楽しそうだ。いずれにしてもしっかり会社の利益を伸ばしてくれれば良い。
正直あまりきちんと調べてはいないしもっと調べたいことはあるのだが、気になる会社の株価がよく上がるし、下落を待ちながら調べようと思っても結局調べる時間もない訳だし、さっさと買ったほうが良い。それでも儲かるのは過去の実績やシュミレーションからもわかる。
この会社の地盤は東北地方なのだが正直もっと他に買いたい会社があってそちらは東北地盤の住宅資材屋なのだがつい数日前にS高で2割も上昇して悔しい思いをしました。

みんかぶ

年初来パフォーマンス10月末 81.2%

2013.11.03 (Sun)
 10月は+9%ぐらい伸びました。
 長期目的ではエスクリを買いましただけです。総額200万円分保有中です。証拠金600万円の1.8倍のレバレッジを掛けた1/6分が上限ですのでこれ以上買い増す予定はありません。ただ大きく下げた場合は株式資金に投じていない分を追加してでも買い増す可能性は残しています。
 短期売買はプラスになりました。主にデイトレではなくスイングによる利益です。スイングなら売買履歴は公開でやろうかとも思いましたが、ちょっと勝てる自信がなかったので(実験売買なので)つい非公開にしてしまいました。11月以降はスイング分も公開していこうと思います。スイングでやる理由は長期ならもっと他にいい銘柄が明らかにあるけれども、数日~数週間以内に上がる(下がる)可能性が高いだろうと思う銘柄を扱います。そう思う理由は「総合的情報からの勘」から「明確な理由」のあるものまで様々です。スイング分を公開するとなるとこのリストが長くなってしまうので見やすくするために月ごととか四半期ごととかに過去分の損益を一つにまとめるなどの工夫が必要ですね。
 10月はデイトレは一回しかしてません。しかも月後半は、忙しさのためデイトレ銘柄を探すことすら忘れてしまってました。デイトレをやっていて感じたのは思っていた以上に時間と精神力を消耗してしまうと言う事です。今後は時間的余裕がある時に少しやる程度だと思います。
 今月から配当金・配当調整金は銘柄ごとに表示するのではなく一つにまとめました。配当を狙った投資法では無いので配当額は重要ではありませんからね。配当利益分を除いた場合のパフォーマンスは2%ほど落ちます。上場企業の利回りが2%のところが多いのでこんなものでしょう。
 マザーズのパフォーマンスが42%ですね。信用取引で2倍のレバレッジを掛けた場合と私のパフォーマンスが同じなわけです。3月ごろに2倍のレバレッジを掛けてずっと保有しいるだけで同じ・・・。自分の場合は1.8倍がレバレッジの上限なのですが、銘柄の選択やらいつ買うか売るかを考えなくても同じパフォーマンスなわけです・・・。「今のところは」ですが。
年初来パフォーマンス 81.2%
ベンチマーク 日経225 17.0%
TOPIX 16.7%
JASDAQ 34.2%
マザーズ 42.3%
年初来合計損益額 ¥2,944,989
期初自己資本 ¥3,627,100
証拠金 ¥6,062,969
信用買い建て時の建て玉総額 ¥3,541,500
信用売り建て時の建て玉総額 ¥372,000
ネット ¥3,169,500
買い方レバレッジ 0.58倍
売り方レバレッジ 0.06倍
コード 会社名 市場 最終価格 PER四 PER会 売買
損益率 持分比率 損益額 取得値 取得日 決済日 株数
保有中一覧
9113 乾汽船 東1 ¥384 58.23 買い
41.7% 0.9% ¥11,300 ¥271 1月2日 保有中 100
2196 エスクリ 東1 ¥941 9.72 10.01 買い
-3.4% 11.7% ¥-16,500 ¥974 10月29日 保有中 500
3.7% 10.9% ¥17,000 ¥907 10月17日 保有中 500
9.9% 11.3% ¥42,500 ¥856 9月19日 保有中 500
26.5% 20.4% ¥177,300 ¥744 3月8日 保有中 900
5184 ニチリン 東2 ¥900 6.25 8.09 買い
-4.1% 4.3% ¥-7,600 ¥938 6月4日 保有中 200
-4.2% 18.1% ¥-31,200 ¥939 6月4日 保有中 800
-4.4% 13.6% ¥-24,600 ¥941 6月4日 保有中 600
3715 ドワンゴ 東1 ¥1,785 33.54 32.51 売り
4.2% 8.6% ¥15,000 ¥1,860 8月23日 保有中 200
短期売買 ¥298,820
以下損益確定済み一覧
3398 クスリのアオキ 東1 ¥6,560 売り
1.1% 0.0% ¥2,246 ¥6,630 6月25日 9月19日 100
1678 インド 東1 ¥87 売り
-9.2% ¥-40,673 ¥79 9月4日 9月19日 5000
1322 中国A株 東1 ¥3,110 売り
-7.0% ¥-24,935 ¥2,892 7月18日 9月19日 110
-7.1% ¥-14,154 ¥2,890 7月18日 9月19日 60
3086 J.フロントリテイリング 東1 ¥821 売り
-6.6% ¥-57,308 ¥767 6月25日 9月19日 1000
6256 ニューフレアテクノロジー JQ ¥1,268,000 17.92 15.22
119.0% ¥1,369,621 ¥579,000 3月7日 7月19日 2
6059 ウチヤマホールディングス JQ ¥3,080 #REF! 10.20
61.1% ¥346,234 ¥1,912 3月7日 7月2日 300
ウチヤマホールディングス JQ ¥2,991
30.1% ¥121,696 ¥2,367 3月22日 7月2日 200
2196 エスクリ 東1 ¥997
34.0% ¥122,475 ¥744 3月8日 7月1日 500
5232 住友大阪セメント 東1 ¥317
8.9% ¥96,081 ¥291 3月8日 7月1日 4000
3398 クスリのアオキ 東1 ¥6,630
-0.5% ¥-3,979 ¥6,660 6月26日 6月27日 100
3848 データ・アプリケーション JQ ¥240,000
51.6% ¥241,920 ¥158,300 2月25日 5月21日 3
46.3% ¥224,826 ¥164,100 3月13日 5月21日 3
配当等 ¥78,919
※持分比率はその銘柄の時価/持ち株すべての時価総額
※去年以前から保有中の銘柄は買値=去年の終値とし、購入日は大発会の日にしています
※株式用資金のうち、27100円は乾汽船の去年の終値の時価総額分です。また乾汽船のみ現物です。
※日経平均等のベンチマークは主に銘柄を買った3月7日を基準にしています。
※売却済み銘柄の損益額は手数料等経費込で計算しています。
短期売買は年初来の含み&確定損益の合計です。売買履歴非公開です。
個人投資家パフォーマンスランキング
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。