投資家tmhiknのブログ

記事一覧
アクセスランキング

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バフェット氏:グロース氏「ニューノーマル」を投資で考慮せず

2013.05.10 (Fri)
バフェット氏:グロース氏「ニューノーマル」を投資で考慮せず

引用
「5月6日(ブルームバーグ):米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイ を率いるウォーレン・バフェット氏は投資を行う際、ビル・グロース氏が主張する「ニューノーマル(新たな標準)」などのマクロ経済見通しを考慮しておらず、利回りの低い債券投資にこだわる投資家に同情すると述べた。
バフェット氏(82)は4日のバークシャー株主総会でグロース氏について、「彼が将来についてどう考えようと私には重要でない」と発言。「米国は順調にやっていくという全体的な感触を得ている」と説明した。グロース氏は、米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)で世界最大の債券ファンドを運用している。
PIMCOは2009年、金融危機を経て規制が強まり、世界経済における米国の影響力が低下する中で、リターンが過去の平均を下回る状況を「ニューノーマル」という新語で表現。これとは対照的にバフェット氏は米国について楽観的な見方を示している。」
引用終わり

 将来にわたって債権が株式のリターンを上回ることはない。債券がリターンを得られるのも結局は企業が利益を獲得できることが条件だから。国債にしても同じ。
 これから先米国の株式リターンが過去と比較して低いとしてもこれまでの方法を変える必要があるのだろうか?何を買えというのだろうか?当然変える必要はない。

参考
バフェット氏などの高評価は信用拡大期のおかげ-グロース氏
引用
「4月3日(ブルームバーグ):米パシフィック・インベストメント・マネジメント(PIMCO)で世界最大の投資信託を運用するビル・グロース氏は、ウォーレン・バフェット氏やジョージ・ソロス氏といった著名投資家が高い評価を得ているのは、資産運用における良き時代のおかげかもしれないとの見方を示した。信用の拡大で、あらゆる市場で資産価格の上昇が加速したためと説明した。
グロース氏は3日付の投資見通しで、投資家が真の意味での偉大さを試されるのは、信用拡大期における市場のサイクルをどう舵取りしたかではなく、半世紀もしくはそれ以上に及ぶ歴史的変化に対応していくことができるかどうかだと指摘した。
また、「われわれは全員、バフェット氏やソロス氏、(ダニエル・)ファス氏、そしてもちろん私自身も含めた年配の投資家も、投資家が経験し得る中で最も有利な時代、最も魅力ある時代に経験を積んだ」と記した。
グロース氏は、市場のボラティリティ(変動性)の高まりが見込まれることや高齢化、気候変動の影響で、投資活動は向こう数十年間にわたり一段と難しくなる可能性があると指摘した。」
引用終わり

ボラティリティが高まるのは難しくなるわけじゃない。むしろ有利になるだろう。もっとも私みたいな信用取引の場合は別だが。彼みたいなボラティリティが高いと難しいと考えるのはいかにも債券投資家といった感じだ。

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

株式投資

コメント

No title
以前、youtubeの外為どっとコムと戦うについてコメントさせていただいたものです

その節はありがとうございました

外為どっとコムから、システムエラーのため有利な方向での約定拒否をされたことを
認めていただきました
合わせて、取扱説明書に書いてある文言、有利な方向では必ず約定すると言ったものと
整合性が取れないことを詫びてくださる文章をいただきました

ただ、私の画像は、新規約定のものでしたので、私に不利益はないため
私の要望は受け入れられないとする方針とのことでした

ですが、私がビデオに収めたのは、その前に、約定拒否が頻繁にあったため
その後、口頭では、事実が判明せず押し問答になるため
事実があったと裏付けるために撮ったものであり、
整合性が取れない以上は受け入れてもらいたい旨を主張するつもりです

今後弁護士さんとまた話し合って進めていくつもりです

ところで、本日(正確には昨日ですが)100円付けましたね!

とてもおめでたい日に、いささか不釣り合いなコメントですみませんでした

ありがとうございました

管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。