投資家tmhiknのブログ

記事一覧
アクセスランキング

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京金 軟調 ソロスファンドは金ETF売却

2013.05.16 (Thu)
東京金 軟調 ソロスファンドは金ETF売却

引用
「金先物は軟調に推移し、NY金先物は約1カ月ぶりに節目の1400ドルを割り込んでいる。為替のドル高傾向を受けて、ドルの代替資産とされる金が敬遠されている。
著名投資家ソロス氏のヘッジファンドは、3月末時点の金ETF残高が昨年12月末より約12%減少したことを報告している。エコノミストも金価格の下落を予想する向きは多く、今後も軟調な展開が続く可能性はある。」
引用終わり

ソロス氏らが金ETPの保有を縮小-弱気相場入り前

引用
「5月16日(ブルームバーグ):資産家のジョージ・ソロス氏は金価格が4月に弱気相場入りする前に金価格に連動する上場取引型金融商品(ETP)の保有を縮小した。ノーザン・トラストやブラックロックも金ETP保有を減らす一方、米資産家ジョン・ポールソン氏は保有し続けて1-3月(第1四半期)に約1億6500万ドル(約169億円)の損失に見舞われた。
米証券取引委員会(SEC)に15日提出した資料によると、ソロス・ファンド・マネジメントは金ETPで最大規模の「SPDRゴールド・トラスト」の保有を3月末時点で3カ月前よりも12%減らし53万900口とした。ノーザン・トラストやブラックロックが運用するファンドも保有を半分以下に減らした。一方、ポールソン社は2180万口を保持。シュローダー・インベストメント・マネジメント・グループは210万口購入した。
2011年に過去最高値を付けた金価格は先月、弱気相場入りした。ブルームバーグの集計データによると、金ETPの資産価値は今年、420億ドルが失われた。一部の投資家は価値保存手段としての金への信頼を失い、高リスク資産を選好。株式相場は過去最高値を更新した。各国・地域の中央銀行による前例のない景気刺激策はインフレの加速を招いていない。金は90年間で最長の上昇相場を演じた後、2000年以降で初めて年間騰落率がマイナスとなる方向にある。
米ペンション・パートナーズの「ATACインフレーション・ローテーション・ファンド」の共同ポートフォリオマネジャー、マイケル・ゲイド氏は電話インタビューで、「金価格が下落する一方で株式相場の活況が続いていることから、金投資家には非常に不愉快な時期にある」と指摘。「ダブルパンチという心理が売りを加速させた」と語った。」
引用終わり

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ

株式投資

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。