投資家tmhiknのブログ

記事一覧
アクセスランキング

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「アベノミクスには反対」、ジム・ロジャーズ氏インタビュー

2013.05.31 (Fri)


 儲からない事業を精算して儲かる事業を立ち上げ、労働者が正しい努力(つまり儲かる仕事)をするようにならなければ労働者にお金は入ってこないし景気や経済成長率は良くならないし、税収も増えない。本当にただ純粋に通貨の価値を下げるだけがアベノミクスなら本質的な問題が解決されておらず、経済実態は一時的に多少は改善しても脆弱なままだろう。
 今のところの円安は、これまでの急速な円高に対応できなかった企業を救う事にはなったけど、その他の企業、つまり円高により利益を伸ばせたところや、円高対策で海外生産移転を行った企業には良い影響はない。
 円安により、円資産を持っているほど不利になり、対して持っていない若者は相対的に有利になっているとは言える。しかし賃金が上がっていなければ過去と比較して不利になっている。つまり生活水準が下がると言う事だ。もちろん株を持っていた人は今のところ一番恩恵を受けている。
 いずれにせよ一番重要な事はこれから始まるアベノミクス第3の矢だ。最近の株高で自民党が調子に乗っていると言われているが、一番肝心なことがまだ行われていない。というより私はまだ自民党阿倍政権は何もしていないと言いたい。黒田日銀総裁は異次元緩和を行ったといわれ、世間を驚かせた。それに負けないような政策を打ち出してくれることを一日本人として期待している。
 だがどちらにしても私は自分の経済事情を他人に任せるつもりはないので、他のプロ市民のように国会議員に頼るつもりはない。そのような人たちは日本の財政負担を増やし、日本を沈む泥船と化し、国家もろとも沈没する事になるだろう。国に援助を求めるという輩は、他人の作ったいらないものは誰も買わないわけだが、自分の作ったいらないものは買ってほしいって言ってるようなものだ。日本人皆がこんな考えを持っていて、はたしてうまくいくだろうか?皆が幸せになる社会が実現するだろうか?儲からない仕事はやめて儲かる仕事を作らないと生きてはいけない。政府はそれを邪魔しないようにしさえすればいいんだ。
 資本主義社会では技術革新により資本が労働者から仕事を奪っている。だから労働者は技術革新に応じて仕事を失うことになる。つまり労働を続けたくとも生涯同じ仕事を続けたいという夢はかなわないし、仕事の内容は変化し続けなければならないと言う事だ。またタンス預金ではなく投資をして良い資本を手に入れ、不労所得を好む好まらずにかかわらず得る必要がある。それが嫌だというなら経済的には貧しい暮らしを受け入れるべきだ。
 とはいえ、資本主義の恩恵を大いに受けている人はいまの社会に対して恩を還元すべきだろう。今の資本主義社会を維持できているのはあなた一人だけの力ではないからだ。彼らはルールを守っている、努力をしているというが、どう見ても努力に見合った収入差ではない。ルールそのものを変えるべきだ。残念ながらバフェットルールは否決された。社会不安が高まれば資本主義を崩壊させるための革命が起こるだろうし起こすべきだと思う。

今回はいろいろ言いたいこと書かせていただいた。

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。