投資家tmhiknのブログ

記事一覧
アクセスランキング

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジム・ロジャーズ氏インタビュー2013年7月30日

2013.07.31 (Wed)
ジム・ロジャーズ氏インタビュー

引用

「強気市場においても50%程度の価格調整は得てして起こるものです。金価格で言えば900~1,000米ドルが50%の価格調整に相当するのですが、その水準まで下落するかどうか
私にもわかりません。下落するとは予測していますが、それは下落するということを意味しているわけ
ではありません。」

「金価格についての私のベストな答えは、900~1,000米ドルまで下がった時点で金を大幅に買い増すというこ
とです。」

「金市場に最終的なバブルが見られ
るようになるまで今後数年間は金を売却せず、保有を継続したいと思っています。多くの強気な市
場はバブルを終えました。金もいつかその日を迎えることでしょうが、私が考えるにその日はまだ
訪れていません。」

「コーヒーもそうですが、価格が大幅に下落したときには、購入を検討するべきだと思います。」

「農作物の中でいくつかを組み合わせれば、この先6カ月程度を見た場合、最も良好なリターンが出ると思います。実際のところ値上がりするのは砂糖ではないかもしれませんが、私は砂糖を買い増そうと思っています。」

引用終わり

 金1000ドル当たりはピークからの半額ということとチャートを見ていると魅力的な水準に見えます。金のバブルが目先終わったのかどうかは、私自身あまり真面目に考えていないのでわかりません。また円基準でみると円安のせいで半額までは下げないようです。でも円安はこれからもつづくと今の時点では判断していますので1000ドル当たりで金を買ってみようかなとは薄々考えております。
 コーヒーと砂糖は今年に入ってからずっと下げてます。前にも言ったかもしれませんが1月ごろにこれらは値段が下がり続けていたので購入検討対象でした。ただ結局は買わなくて今のところは正解だったと言う事ですね。商品先物は金は1年まで持つことができますがその他は6か月しか持てません。強制決済されますので6か月以内に上昇するものを買わないといけないのがつらいところ。「6か月程度を見た場合良好」とのことですが、「タイミングを図るタイプではない」とも言っているので農作物を買うべきかどうかは微妙です。^^;ETFを買えば保有し続けられますが、ETFとはいえ長期で持つと手数料は馬鹿になりません。

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資


コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。