投資家tmhiknのブログ

記事一覧
アクセスランキング

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バフェット氏、240億ドルの利益でも「標準以下」-株主宛て年次書簡で

2013.03.03 (Sun)
バフェット氏、240億ドルの利益でも「標準以下」-株主宛て年次書簡で

「バークシャーは2012年に241億ドル(約2兆2500億円)の純益を上げ、同社の簿価は14.4%増加した。それでもバフェット氏は「標準以下」の成績だと考えている。

バフェット氏は今回の書簡で、「バークシャーの簿価の増加率がS&Pの上昇率(価格上昇と配当を含む)を下回ったのは、過去48年間で9回目だ」と明らかにした。同氏は数十年間に及び、バークシャーの全般的な業績を簿価で計ってきた

配当込みでのS&P500種の昨年の上昇率は16%だった。

バフェット氏はまた、バークシャーの株式選択の大半を行う運用責任者として過去2年間に起用したトッド・コーム氏とテッド・ウェシュラー氏の昨年の運用実績はそれぞれ、S&P500種を2桁上回ったと指摘した。

両氏がともに、それぞれのポートフォリオ中に保有している株式は、米衛星テレビ局のディレクTV株だという。

バフェット氏は、「2人は私を圧倒した」と称賛し、「トッドとテッドはまだ若く、(バークシャー副会長の)チャーリー(・マンガー氏)や私が引退した後も長期にわたって当社の巨大なポートフォリオを運用できる。彼らが引き継ぐ時には安心していただける」と太鼓判を捺した。

両氏の昨年の見事な運用実績の結果、両氏の運用ファンドの規模は約50億ドルに引き上げられたという。」

 S&Pの上昇率(価格上昇と配当を含む)とバークシャーの簿価を比べるという時点ですごい。時価は市場が変化すれば簿価以上に上昇するわけですからね。普通に考えれば簿価どうしで比較するべきところなんですがね^^;

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。