投資家tmhiknのブログ

記事一覧
アクセスランキング

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

株売った。どうも最近急速に天井フラグ立ち♂過ぎ。神のお告げか?フラグびんびん物語

2016.06.13 (Mon)
株売らなきゃと思わずにいられなくなった最近の流れ。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-06-07/O84YJ86S973601
スタートから20年目を迎えた運用ファンドの設定来上昇率はプラス400%超と、同期間にマイナス15%だったTOPIXを圧倒した。
シオズミアセットマネジメントの塩住秀夫社長が運用する日本株ファンド「レッグ・メイソン・ジャパン・エクイティ・ファンド」
年初来のトータルリターンはプラス37%、類似ファンドの98%に対し勝っている。良好な成績は欧州投資家の間で浸透しており、海外投資家が日本株を5兆円売り越した1ー3月もネットで90億円ほどの資金純流入だった。




ソロス氏、トレーディング再開-世界経済に悲観的
http://jp.wsj.com/articles/SB10852749850658553280504582117412003383268


※どこかに書いてたのだけど前回復帰した時は2007年だそうでその時も弱気で儲かったんだそうです。

ジョージ・ソロス氏の最近の予想を検証-常に的中とは限らず
https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2016-06-10/O8J6IE6S972M01


※フラグですねわかります。

http://www.hamacho.net/column/archives/33142
アイカーン氏はリスク・オフを進めている。
「私のファンドについて言えば、ネットでショートしている。
しかし、一方でIcahn Enterprisesは何社も企業を保有している。
つまり、ヘッジを進めているということだ。」
ファンドと会社を合わせれば、まだネットでロングしているということのようだ。


↓はすでに売ったあとに見た記事だけど

http://www.hamacho.net/column/archives/33174
資産運用の世界最大手BlackRockのJeff Rosenberg氏は、経済がサイクルの最終局面を迎えたと語っている。
ジョージ・ソロス氏の復帰、カール・アイカーン氏の警鐘は、その最たる兆候だと言う。
誰もこのサイクルがいつまで続くかわからないが、たくさんの兆候が見られるのは間違いない。


※↓

http://blogos.com/article/66503/
業界用語でセルサイドとは証券会社のことを指す。皆さんの見えるところにいる"アナリスト"とか"ストラテジスト"とか"エコノミスト"とかいう人々は、ほぼ間違いなくこのセルサイドである。彼らの仕事はレポートなどを書いて株の売買を盛り上げて、自社の手数料収入を増やすことである。
一方でバイサイドとは運用会社のことを指す。運用会社にも"アナリスト"がいる。証券会社と違って、運用会社は顧客から預かった資産を運用しているため、その労力はすべて顧客のためだけに使用される。つまりバイサイドのアナリストの分析は、皆さんの見えるところに出てくることは決してない。
同じアナリストでも、その機能と役割が全然違うことがわかるだろう。どちらがよく当たる投資判断を行っているかと言えば、当然、運用会社のアナリストである。
尚、過去の検証データでは「証券会社のアナリストレーティング通りに売買をした場合の勝率は45%」


バイサイドのアナ○リストの勝率もどうなんでしょうかね?


数年前にもこいうこと言ってた人いたけど、同じ人だったかなぁと思ってたけど、そういえば2008年頃から株初めて億になったダルって人(いろいろうろ覚え)だったようなと思ったらこのツイートにリプライ入ってるね。鍵垢になって見えなくなってるが


流石に誰も暴落食らってないというのはジョークですよね?






 とは言えヘッジの売りであってマーケットニュートラルなだけです。個別株の動きが市場平均より良いか悪いかで成績が決まるだけです。コストは高くなりますが。まぁ天井がいつ来るかなんてわかりませんが。足元下げてるのはイギリスのEU離脱でしょうけど、特に興味はありません。
 ソロスは離脱は無いといってます。ただバイアスがかかってる可能性はあります。たしか彼はユーロ崩壊させないように残りの人生捧げるみたいなこと言ってましたから。自分的にはヘッジしたついでだから盛大に下げてくれたほうがありがたいんですけどね。心置きなく株買えますから。まぁその頃には市場に恐怖が蔓延してるわけでそこで買えるかどうか。
 その他いろいろ相場観について書きたくなったけど、ヘッジ売完成すると安心したのか書く気がじゃっかん失せたのでやめます。時間がもったいない。先週も大分時間消費してしまった。

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。