投資家tmhiknのブログ

記事一覧
アクセスランキング

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月に天井を付けるのか?

2013.04.25 (Thu)
5月に天井を付けるというアノマリーがあります。

「5月 相場」「5月 格言」「Sell in May and go away」等で検索してみると良いかと思います。
ですが単に過去の実績があるから今年もそうなるという方向に賭けるというのは私はしません。
なんらかの因果関係があるのかどうか、できるだけ具体的な根拠に基づいた行動を推薦します。
一応5月に天井になってしまうにはそれなりに理由があるようです。

ですが、私は少なくとも今回このアノマリーを理由にポジションを動かすつもりはありません。

1.最初から個別株長期を目的としているからです。いつ市場平均からかい離するかわかりません。市場平均に投資しているわけではありません。5月になったから売りなどとしている長期投資家はいるのでしょうか?わかりませんが。

2.夏には参院選が始まります。選挙一か月前から話題になり始め上昇圧力になると思われますのでその市場平均ですら大して下げない可能性があります。特に阿倍さんに対する期待は高いですし。衆参ねじれが解消されるというのもあります。逆にイタリアは第一党がないためにユーロが売られる混乱に一時期陥りました。日本はその逆です。改革が進むとの思惑が起きるのではないでしょうか?

3.短期的であるほど市場は効率的だからです。5月に下がると思っている人がいるほど下がらなくなるでしょう。そう思っている人は今買っていませんし、むしろ下がったところを買おうと待っているはずです。まぁ実際のところ今どれぐらいの人がどう思っているのかなんてことはわかりませんけど。ようするに短期的な目線でいろいろ考えても長い目で見ればあまり意味はないのではと言う事です。たとえ今それでうまくいったとしてもただの運かもしれませんよと言う事です。

他にもいろいろな理由がありますが、ここまでにしておきます。理由に納得のいかない方もいらっしゃったりするのでしょうが自分の考え方(哲学)についてはだらだらとまたブログに書くかもしれません。

にほん村 株へ株式投資

コメント


管理者のみに表示

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。