投資家tmhiknのブログ

記事一覧
アクセスランキング

保有株に関するニュース の記事一覧

スポンサーサイト

--.--.-- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

データ・アプリケーションについて反省

2013.05.23 (Thu)
 市場規模が拡大するにしたがって業界No1の製品が売り上げを伸ばす。という風に単純に考えていたのですが、考えていたほどではなかった。それが前回の会社発表で売り上げの伸びが低い予想でとどまっていることで気づきました。この企業は過去数年高い利益成長率を出していました。しかし

2013年3月期 第2四半期 決算説明

を見てみると、No1といっても2位以下とそれほど差が開いている訳でもなく、たしかに導入数は増えているものの単価が下落しているという点がすでに競争に巻き込まれていることを示唆しているように見えます。

2008年新年のご挨拶から引用すると
「DALは現在、事業領域を従来の「EDI」から、「EAI」や「ETL」を包含する「データ・エクスチェンジ」市場へと拡大し、同市場におけるNo.1企業を目指しています。」
とあります。つまりかろうじてNo1のEDI市場からまだNo1ではない市場を目指しているわけですね。

 株を購入する前もしくは購入した後でもいいからこれぐらいの資料に目を通すべきなのにしませんでした。ただ目を通したところで、これまでの成長実績があるので買うべきではないとまではいかなかったかもしれません。少なくとも当初考えていたほどの成長性に疑問が出てきたので他の魅力的な銘柄に移るために売却したと言う事です。

 最低限会社が出してる資料は全部見ようとは思いましたが、でもあまり神経質には考えないようにするつもりです。2010年ごろの私はバフェットさんの「一生で20回だけ買う」というのをかなり意識しておりましたしピーターリンチさんの「電子レンジを買うよりも時間をかけろ」を気にしていましたが、それとは別に「買わないための理由をあれこれ考えるな」という教えもありますし、ジョージソロスはまず買ってみてそれから考える(買ってみて初めて分かることがある)という教えもあります。また花に水をやり雑草を刈り取るように、いい銘柄を保有し続け悪いと気づいた時点で手放すだけでもポートフォリオ全体で利益は出ると考えています。この考えはトレンドフォロー戦略にも似ていると思います。ただ株価が基準か企業業績が基準かの違いだけです。
 要するに個別銘柄を買って市場平均を上回りたいが、銘柄選択に時間をかけたくはないと言う事です。まったく都合のいい話ですがこの両方を満たすことが出れば文句ないんじゃないでしょうか?個別銘柄投資を初めて2か月が過ぎましたが、ついにマザーズ指数を上回り始めました。今後継続的に上回り続けて差を拡大させれるかどうかはまた別の話ですが2か月目にしてベンチマークとの差が出始めたというのは予想以上に好調に推移し始めたと期待しています。

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

3848 データ・アプリケーション S高買い気配で後場引け

2013.05.20 (Mon)
9550株の買い気配のまま終了
ザラ場中220株ほどの売りが出ていました。
数日前に決算後の投げ売りがあってその時の売り板が200ちょいぐらいなので多くても売りが200程度しか出ないようです。つまり流動性がこの程度のところに43倍の買いが殺到している状態です。

日本株高でいろんな方が参加しているであろう昨今の相場なので買いが集まるのもなんとなく予想してました。
それに加えいったん数日前に売られるだけ売られたのでその影響もあるかもしれません。

企業の決算が集中する数日前から思っていたことなのですが、もし自分がCEOで発表する内容が株価を下げるものと上げるもの2つある場合、先に下がるネタを出してから後で上げるネタを発表しようかなと考えます。それは当然長期の成長を信じて持っていてくれる人とそれ以外の人を振り分けるためです。まぁそんな意地悪しなくてもいいじゃないかと思いますが、自社の株を大量に長期に保有しながら日々会社の価値を高めようとしているCEOからすれば気持ちもわからないと思います。今期減益予想ですが、幅は大きくありませんし、そもそも25/3の実績は四季報予想を大幅に上回って着地しました。その上PERは11倍台ですからあわてて売るような状況ではないと判断しましたが、とりあえず出尽くしと、とりあえず減益予想であることと、流動性の低さから売りの殺到で値が大きく振れただけでしょう。


このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

2196 エスクリ 決算

2013.05.19 (Sun)
平成25年3月期 決算短信〔日本基準〕(非連結) 平成25年5月10日
年度 売上高 成長率 営業利益 成長率 経常利益 成長率 純利益 EPS 成長率
四季報予想 26/3 16000 1800 1750 1050 90.7
25/3 13000 1350 1300 770 66.5
会社予想 26/3 15976 1801 1743 1091 93.99
実績 25/3 12903 23.8% 1227 46.8% 1177 48.1% 738 64.36 46.0%
24/3 10732 20.2% 1075 14.1% 1015 16.0% 659 58.65 9.7%
年度 株価 PER
四季報予想 26/3 1127 12.4
25/3 1127 16.9
会社予想 26/3 1127 12.0
実績 25/3 1127 17.5
24/3 1127 19.2
発表からすでに9日経っていますが感想を書きます。某掲示板では会社予想未達などと騒がれておりましたが、私は私の想定通りの成長を果たしているので引き続きホールド決定即決でした。売り上げで20%以上成長し続けている会社は早々見つかりません。四季報予想と見比べると利益が少ないのですが、それでも良い成長です。それでこのPERですからまだ割安です。ちなみにこの会社は2010年に購入検討対象銘柄に入っていた銘柄のうちいまだに割安状態に置かれている銘柄です。もうひとつはpaperboy&coでしたがこちらのほうが成長率が高くPERが安いのでこちらを選びました。いまだに割安とはいえ2010年当時よりEPSが成長していますのでもちろん購入していれば利益は出ていました。なぜこの銘柄だけいまだに割安に放置されているのかよくわかりませんね。人口減少や不景気=結婚市場縮小という連想でしょうか?まぁいろいろ妄想することはできますがとりあえず割安が解消され割高になるまでホールドの予定です。

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません
にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

データ・アプリケーション 1対200の株式分割

2013.05.18 (Sat)
データアプリ、9月30日の株主に1対200の株式分割を実施

引用
「[東京 17日 ロイター] データ・アプリケーション(3848.OS: 株価, ニュース, レポート)は17日、9月30日現在の株主に対して、10月1日付で、1対200の株式分割を実施すると発表した。」
引用終わり

株式分割、単元株制度の採用、定款一部変更及び配当予想の修正に関するお知らせ

にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ株式投資

5232 住友大阪セメント 平成25年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)

2013.05.15 (Wed)
平成25年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結) 5月14日発表
年度 売上高 成長率 営業利益 成長率 経常利益 成長率 純利益 EPS 成長率
四季報予想 26/3 229000 14200 13800 6500 15.6
25/3 223000 13500 13300 6200 14.6
会社予想 26/3 225000 16000 15500 8000 19.22
実績 25/3 219083 2.7% 13959 14.6% 14612 6.1% 7460 17.92 7.3%
24/3 217044 0.9% 8136 71.6% 7688 90.1% 3645 8.76 104.6%
年度 株価 PER
四季報予想 26/3 310 19.9
25/3 310 21.2
会社予想 26/3 310 16.1
実績 25/3 310 17.3
24/3 311 35.5
25/3決算の結果は四季報予想を下回る売り上げ高ながら、営業利益や純利益は予想を大幅に上回った。今季の会社予想EPSベースでの昨日の終値310円におけるPERは16.1倍と割高感は解消されている。皆さんもご存じだと思いますが、良い結果が出てもよっぽどのサプライズでもない限りは株価は通常下がるもので(通常発表前に期待で上がる)今回は発表後は大して動いていませんでした。

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 株式投資

6256 ニューフレアテクノロジー は東芝の財布

2013.05.14 (Tue)
5月10日決算の発表がありました。
平成25年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)
年度 売上高 成長率 営業利益 成長率 経常利益 成長率 純利益 EPS 成長率
四季報予想 26/3 42000 17000 16800 10000 83333
25/3 40000 16000 15800 9000 75000
会社予想 26/3 42000 16500 16400 10000 83333.33
実績 25/3 36373 15.5% 15041 9.7% 15008 9.3% 8808 73407.91 13.5%
24/3 35306 3.0% 14317 5.1% 14124 6.3% 9033 75281.43 -2.5%
23/3 30728 14.9% 3038 371.3% 2698 423.5% 1577 13140 472.9%
22/3 20236 51.8% 885 243.3% 598 351.2% 538 5357 145.3%
21/3 11434 77.0% -2409 -3056 -36111 -36111
年度 株価 PER
四季報予想 26/3 1124999 13.5
25/3 1125000 15.0
会社予想 26/3 916000 11.0
実績 25/3 1125000 15.3
24/3 期中平均 3.4
23/3 期中平均 7.1
22/3 期中平均 13.1
21/3 期中平均 -2.1
 四季報予想と比べれば実績は結構悪かった。おそらく短期では株価は低迷するだろう。それでも来期会社予想からPERは前日終値で13倍台なのであわてて売るつもりはない。
 直近で株価は急上昇してきているが、単に決算の期待からのみというわけでもなく、半導体市況の回復が背景にあるようだ。そしておそらくPERが低いのも関係があるだろう。
 もともと私はこれからのEPSの成長率はこれまでのようなスピードではないと思ってはいたので、長期ではなくとりあえず買っておいた株ですが今回の会社発表でますます長期で持つ魅力が薄れました。この会社は高いROA・ROEを見てもわかるように莫大なキャッシュを生み出しており、このお金がどこに流れていくのかは重要な点でした。通常社内に留保し、事業へ再投資されそれが新たにキャッシュを生み出すという複利の効果を出していくのが最もよく、投資する必要がないのであれば配当という形で株主にお金を渡す事になります。ところがこの会社はそのどちらでもないのです。
 この会社は東芝の子会社です。子会社というとあまり良いイメージがありません。親会社の決算を操作するためにいいように利用されるのが落ちだからです。いやな予感が当たりました。
 決算短信の貸借対照表の流動資産を見ると「グループ預け金」という項目がありかなりの額が計上されています。おそらく親会社東芝に無利子か低金利で現金が渡っています。しかも総資産の半分以上です・・・。ニューフレアテクノロジーは東芝の財布ですか・・・。配当は増やしていますが雀の涙です。あなたは東芝に無利子でお金を貸したいと思いますか?この大量の流動資産を配当という形で還元してくれれば、税金の分は損をしてしまいますが、その資金をまた別の株式に振り分けることができるのです。無利子で東芝に貸すよりましです。最近東芝がここの株を東芝機械から買い取り50%まで引き上げていましたよね?法律にはあまり詳しくありませんが、これが目当てだったんではないでしょうか?
 ここまでで分かったことはつまり東芝は我々のような一般投資家を儲けさせたくはないんです。まぁ当然と言われれば当然ですね。別に役に立ってもいないのにもうけさせるわけがありません。そんなうまい話はありません。自分が逆の立場(東芝のCEO)ならばそうするでしょう。こんな良い企業がこんな安く買えるなんてなんておいしいんでしょう?東芝はなぜこんな会社をTOBで買い取ってしまわないで市場で誰でも買えるようにしているのでしょう?なんて優しいのでしょうか?なーんて思っていましたが、東芝もやはりバカではありませんでした。50%以上も株を保有していれば乗っ取られる心配もありませんから株価対策をする必要もないんでしょう。巷ではひたすら分割だの配当だの言ってますが、分割したらコストがかかるのでたぶんしないのでは?
 別に東芝が違法行為をしているわけではありません。東芝はニューフレアの親会社であり最大株主です。グループ全体で最大の利益を上げるための行為ではありますが、一般のニューフレア投資家としては背任行為と言いたくなるレベルです・・・(笑)。まぁ子会社に投資している時点でわかりきっていたことではないか・・。
 まだ持ってる株なのでdisるようなことは書きたくはありませんが、正直に書きました。まぁ別に株価に影響が出たりはしないでしょう。

このブログは個人的な感想の公開が目的であり投資助言を目的にするものではありません にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ 株式投資

3848 データ・アプリケーション 増配

2013.04.20 (Sat)
配当予想の修正に関するお知らせ

16日発表です。1.45倍増配しました。
配当性向については触れられていないのでわかりませんが、こちらの会社は利益を拡大させるのに資本はあまり必要ではないはずなのでEPSの伸びとともに今後も配当金の額を増やしていってくれると思われます。

にほん村 株へ株式投資

6059 ウチヤマホールディングス が急落

2013.03.26 (Tue)
3/21の高値より15%程度下落してます。
タイミング的には配当が関係していそうです。
マーケットスピードでは配当額は40円です。
さらに言えば中間と期末配当に分かれるので20円ずつとなります。
配当利回りは1%にすぎません。
ところが
ヤフーファイナンスの配当利回りランキング
では120円になっていて利回りは5%超になっています。
これはウチヤマが株式分割する前のデータですね。
まさかと思うのですが、これにつられて買っていた層がいたと言う事でしょうか?
ああいうランキングサイトでは特に上位にあるやつはデータが間違っているものがよくありますが、そんなことすら注意を払わない人が値を押し上げていたのでしょうか??
それにしてもヤフーもそれを放置しつづける神経がわからない。年々ROAを切り下げてるが、目先景気回復感に乗って復活するのだろうか?ヤフーはオークションの先行者メリットに乗れただけ感しかない。

6059 ウチヤマホールディングス 会社四季報予想上方修正

2013.03.16 (Sat)
 2013/3/15に会社四季報による来期の予想が上方修正されました。

 予想EPS
    13/3  14/3
 前回 240.4  262.2
 今回 291.4  345.4
 会社 297.0

 ウチヤマホールディングスは14日15日と連続して5%ずつ大幅に株価が上昇しました。
前回予想のEPSは低いと思っておりましたのが今回大幅に上方修正されました。
 500株買うつもりが300株しか買えず、あとでゆっくり買い増しと思っておりましたが、四季報による上方修正とそれによる株価の反応を想定しておりませんでした。タイミングを図るスタイルではないので今回勉強にはなりました。まぁ割安と思ったものはすぐに買ってしまおう。
« Prev  | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。